USJの人気イベントと言えば、
ハロウィンですが、
行ったことはありますか?

通常のアトラクションが
呪われたアトラクションとして
恐怖を体験できるものも
怖いのですが、

もっと恐怖を感じたい人に
人気なのがホラー・メイズです。

2016年は

  • 祟(TATARI)~生き人形の呪い~
  • トラウマ2~最恐実験病棟~
  • エクソシスト~悪魔祓いの館~
  • エルム街の悪夢 ザ・メイズ2
  • チャッキーのホラー・ファクトリー3

5種類のホラー・メイズを
体験することができますよ。

今回はその中の一つ、エルム街の悪夢
紹介します。

内容や混雑、怖さ、
そして、整理券の有無なども
調べてみました。

それでは、早速みていきましょう。


スポンサーリンク



エルム街の悪夢の内容は?

ハロウィンのアトラクションまとめ
↓こちらからどうぞ!
USJハロウィンまとめアイキャッチ
USJハロウィン・ホラーナイト2016は怖い?ネタバレや混雑まとめ


2015年に初登場した
エルム街の悪夢ですが、
2016年も登場します!

USJエルム街の悪夢2
出典元:http://www.usj.co.jp/halloween2016/HHN/maze/

呪われたアトラクションとは違い
ホラー・メイズは
ウォークスルー型になっています。

エルム街の悪夢のフレディから
逃げながら、眠っている少女を
助けなければいけません。

ウォークスルー型で
フレディから逃げるという内容は
聞いてるだけで怖そうですね。

実際には、1本のひも
6~7人で掴んだまま
歩くようです。

2015年の情報なので
今回はわかりませんが
おそらく一緒なのでは
ないでしょうか。

ぜひ、体験して
確認してみてくださいね。

また、場所ですが、
スパイダーマンの隣のようです。

2015年はバイオハザード3
あった場所ではないかと
思うのですが
どうでしょうか。

前回のエルム街の悪夢とは
場所が違うので
注意してくださいね。

混雑や待ち時間は?

体験してみたいと思った方
気になるのは混雑ですよね。

エルム街の悪夢は
2015年に続いて2回目、
つまり、人気だったということ!

前回は、整理券がなく
かなりの行列ができていました。

しかし、今回は
整理券が配られるということが
公式HPに載っています。

並ばずに乗れるので
待ち時間の心配はない一方で
朝から整理券をもらいに行かないと
いけないつらさもありますね。

整理券はパークオープン時から
パーククローズ30分前まで
ステージ14という場所で
配布されます。

整理券配布場所
出典元:http://www.usj.co.jp/halloween2016/HHN/maze/

整理券がなくなり次第
配布終了となるので
朝一で行くことをおすすめします。

アトラクション自体は
2016年9月10日(土)~11月6日(日)
までの12時から毎日開催です。

平日ならば
整理券がすぐなくなることは
ないかもしれませんね。


スポンサーリンク



怖さやネタバレを調査!

ホラー・メイズの怖さレベルは
4~5に設定されています。

トラウマ2だけは
別格のレベル10ですが、
4~5でも相当怖いと
思われます。

エルム街の悪夢は
怖さレベル4です。

エルム街の悪夢の怖さ
出典:http://news.mynavi.jp/news/2015/09/11/270/

ウォークスルー型だと
怖さレベルも
高くなる気がしますね。

所要時間は約5分
短めですがその分怖さは
凝縮されています。

2015年のエルム街の悪夢
出典:http://mikarin-usj.blogspot.jp/2015/10/blog-post_13.html

年齢制限もあり、
小学生以下は体験することが
できません。

フレディは
子供を狙いますからね(笑)

また夢の中で自由自在に
操ることができるので
背後からも襲われます。

前回同様、
複数人でひもを掴んで
体験するのであれば、

一番前と後ろは
怖いのかもしれないですね。

怖がりの方は
真ん中がおすすめです。

ただし、
前回の情報ですので
今回は違うかもしれません!

少なくとも
パワーアップしていることに
間違いはないと思いますよ。


ハロウィンのアトラクションまとめ
↓こちらからどうぞ!
USJハロウィンまとめアイキャッチ
USJハロウィン・ホラーナイト2016は怖い?ネタバレや混雑まとめ

まとめ

ホラー・メイズのひとつ
エルム街の悪夢について
調べてみましたが
いかがでしたでしょうか。

個人的には
ウォークスルー型が
怖そうで苦手ですが
大人気のようですね。

整理券が必要になりますので
体験したい方は
忘れずに取りに行ってくださいね

ぜひ恐怖体験をしてきてください。