ゴールデンウィークに突入する5月。
大阪では多くのイベントが開催され、
どこに行っても混雑する時期ですが

ユニバーサルスタジオジャパンも
例外ではなく、

というより、
大阪の混雑スポットの代表といって
いいぐらいの混雑になります。

それだけ人が混むなら
入場制限があるんじゃないの?

と疑問をもたれる方も多いようなので
今回は5月、ゴールデンウィークの
USJの混雑を過去の状況から
見ていきたいと思います。

それでは早速行って見ましょう!

USJ5月の混雑を過去から予想

5月のUSJの混雑を
過去の状況から見てみると

予想通りではありますが
1年で一番混むといっていいぐらいの
混雑となります。

過去の混雑状況を見てみると
2014年は5月2日~6日に
かなりの混雑があり

当時の様子も
USJのゴールデンウィークはかなり混雑する
こんな感じなので

R&B-BOYzクルーのライブがある
ローズ・オブ・フェイムの出入り口
(ハリーポッター入場券の発見場所)
付近

歩くのも困難な感じになりそうです。

人気アトラクションの
ハリウッドドリームバックドロップは
4時間待ちなんて事もあるようです。

年間パスの除外日から混雑時期を予想

年間パス組みは
今年は5月2日~5月5日までが
入場除外日となります。

USJ年間パスの入場除外日

ということは入場除外日がそのまま
USJの混雑日になりそうですね。

入場制限はある?

USJで入場制限という話は
今まで聞いたことがなかったんですが

あまりの混雑があるとまれに
入場制限があるそうなんです。

以前実施された入場制限は
ディズニーリゾートのような
定員に達したら当日券が買えなくなる
というものではなく

一人出て行ったら一人入れるシステム
だったとの事で

事前に入場券を買っていても
入場するのに2時間かかった
いう人もいたそうです。

その頃はまだ入場制限がかかる程の
来場が予想されていなかったから
なのかもしれませんが

年間来場者が1100万人を超え
さらにハリーポッターや
新ワンダーランドなど人気のエリアも増えてきましたので

今後はディズニーリゾート形式の
事前にチケットを購入している人には
影響の出ない形での入場制限が
実施されるかも知れませんね。

ユニバーサルクールジャパンはラストスパート

進撃の巨人クロノイドリヴァイ兵長

1月23日から約4ヶ月間に渡って
開催されてきた
ユニバーサルクールジャパン

いざ始まって見ると
グッズが売り切れるほどの
大人気イベントとなりました。

そのクールジャパンも
5月10日で終了となりますので

ゴールデンウィーク期間に加え
5月9日、10日の土日は
最後に一回体験しておこうと
かなりの人が押しかけそうです。


※追記
ユニバーサルクールジャパンは
開催期間が延長され、
6月28日までとなりました!


ちなみに、
ユニバーサルクールジャパン
専用のエクスプレスパス

5月10日の最終日まで平日含めて
ほぼ全て売切れています。

開催期間延長が発表された4月25日
エクスプレスパスの在庫状況を
調べてみましたが

5月10日以降の分も
すでにほぼ完売となっています。

新ワンダーランドも大盛況

ユニバーサルワンダーランドがリニューアルオープンし

お子さんだけでなく
お父さんお母さんも一緒に遊べる
アトラクションが増え

前回紹介した
なんばパークスのコドモニアのように

ワークショップ形式で楽しめる
お料理教室ができたことで
かなりの人気を集めています。

旧ワンダーランドエリアでは
あまりの混雑にエリア入場制限
かかったことがあるので

新しいワンダーランドエリアも
かなり混雑しそうですね。

まとめ

ということで今回は
5月、主にゴールデンウィークの
USJの混雑を見てきました。

とにかく混雑する
の一言ですが

それだけ賑わい活気に溢れているので
お祭り気分になること請け合いです!