USJがオープンした時からある
アトラクション、ジョーズ。

アトラクション入り口のオブジェは
USJのシンボルの一つとして
写真を撮る人達で賑わっています。

アトラクション自体も人気で
いつ行ってもキューラインに
並んでいる人がたくさんいますが、

まだ乗ったことがない人からすると
怖いんじゃないの?
濡れたりしないの?

と不安や疑問に感じることが
色々とあるようです。

そこで今回は
ジョーズの怖さや濡れるポイント

そしてもう一つ、

シングルライダーで乗るときの
注意点
についても
見ていきたいと思います。

それでは早速いってみましょう!



スポンサーリンク



ジョーズの内容や怖さは?

USJの「ジョーズ」は

スティーヴン・スピルバーグ監督の
「ジョーズ」をモチーフにした
アトラクション
です。

1975年に上映とのことなので、
40年も前の作品なんですね!

アトラクションの内容は
船でクルーズを楽しんでいる途中に
トラブルに巻き込まれ

ひとまず海岸沿いの建物に非難するも
そこには体調9mもあるジョーズが!

と、映画を再現した
ストーリーになっています。

ジョーズの入り口前で記念撮影
ジョーズのオブジェで記念撮影

アトラクションの怖さは?

ジョーズのアトラクションは

ハリウッドドリーム
ハリーポッターの
ヒッポグリフのような

高低差があったり
スピードが出るわけではないので
乗り物としての怖さはありません。

その代わり、

リアルなジョーズが襲ってきたり
周りで爆発が起こったりといった
恐怖感があります。

しかし、小さいお子さんでも
楽しめる
ほどだそう。

誰でも楽しめるといったあたりが
USJがオープンしてからもずっと

人気を集めている
理由なのかもしれませんね。

ジョーズで濡れる場所は?

ジョーズは水の上を
船で移動するアトラクションで

ジュラシックパーク・ザ・ライド
ほどではないですが、結構濡れます

特に左側に座っている人は
かなり濡れる確率が高いので

レインコートや
入り口近くで売っているポンチョ
購入していったほうがいいようです。
ジョーズのポンチョ売り場

ポンチョは
ジュラシックパーク・ザ・ライドにも
売っているので

どちらかで購入したものを
使いまわしてもいいですね。

シングルライダーの注意点は?

ジョーズではシングルライダー
実施されていますが
いくつか注意点があります。

シングルライダーがほとんど実施されない

ジョーズの混雑は?

まず一つ目は
ほとんど実施されていない

なんじゃそりゃ
って感じですが

ジョーズはシングルライダーが
実施されない時のほうが多い
という事で有名で

こんなに実施されてないなら
無いのと同じと言われているほど。

シングルライダーが実施されていたら
ラッキー
ぐらいの感じのようです。

ベストポジションに座れない

ジョーズのベストポジションは
左側だといわれています。

先ほど濡れる場所だと書きましたが、
その分迫力のシーンがよく見えるのが
こちらの左側となります。

ジョーズは左側がベストポジション

シングルライダーの場合は
ほぼ確実に右側に座らされるようなので
ベストポジションでないのが残念ですが

倉庫のような場所では
ジョーズは右側から出てくるので
シングルライダーでも十分楽しめる
とのことです!

まとめ

ということで今回は

USJがオープンした時からある
人気アトラクション
ジョーズについてみてきました。

まとめると

  • 演出がリアルで
    映画のような恐怖はあるけど
    子供でも楽しめる。
  • 船の左側は濡れるけど
    演出がよく見えるベストポジション
  • シングルライダーは
    あまり実施されていない上に
    右側にしか座れない。

本文中には書いていませんが
クルーの演技もかなりリアルなので
それだけでも見る価値ありです!