USJに遊びに行ったとき
目に入るのがチケットブースの行列。

うわぁ、これに並んで
チケットを買わないといけないのか
と、

ちょっとテンションが
下がったことはありませんか?

そんなあなたに今回は
パークで並ばなくてもチケットを
購入できる方法をお伝えします!

お伝えするのは
ローソンでの購入方法と
みどりの窓口での購入方法の
2種類

この2種類それぞれの
メリット、デメリット
比較していきたいと思いますので

早速内容を見ていきましょう!



スポンサーリンク



web予約は便利だけど難しい?

USJに着いたらすぐに中に入って
アトラクションを楽しみたい。

チケットを買う為に
並ぶ時間がもったいない。

そんな場合は
本来ならwebサイトで事前に購入する
のが便利です。
エクスプレスパスはネット購入がお勧め

エクスプレスパスも簡単に購入できるので
webサイトはとても重宝します!

しかし、webサイトの場合は

  • 支払いはクレジットカードのみ
  • ダイレクトイン(スマホにQRコードを表示して入場)は
    紙のチケットじゃないから不安
  • 宅配だとチケットを受け取るまで待ち時間がかかる
  • パーク引き換えだと結局ブースに並ばなければいけない

など、デメリットも多くあります。

そこで、これらのデメリットが原因で
事前購入に踏み切れない
という方の為に今回紹介するのが

  • 現金が使えて
  • 紙のチケットがもらえて
  • その日から使えて
  • ブースにも並ばない

ローソン店頭(ロッピー)での購入
みどりの窓口での購入です!

この2種類、
どんな違いがあるのでしょうか?

ロッピーとみどりの窓口のメリットデメリット

2種類の違いを比較するために
1デイ・パスの購入を例に
それぞれのメリット・デメリット
見ていきましょう。

メリット

まずはメリットから

ロッピーのメリット
ローソンのロッピーでUSJのチケットを購入

  • 家の近くのローソンで買える
  • ほとんど並ばなくていい
  • レジで現金払いが出来る
  • ローソンなので24時間買える

いつでもどこでも買える
というのが大きなメリットですね!

みどりの窓口のメリット
緑の窓口でUSJのチケットを購入

  • ほとんど並ばなくていい
  • 現金払いが出来る
  • 購入方法が簡単
  • 入場制限日でも入場可能

窓口で
「USJのワンデーパスをください」
というだけでいいので

パークのチケットブースと
同じ感覚で購入できる
簡単さが
大きなメリットですね。

またみどりの窓口のチケットは
入場制限日でも入場が可能という
メリットも見逃せません!

デメリット

それぞれのデメリットも見てみましょう。

ロッピーのデメリット

  • 機械が苦手な人にとっては
    ロッピーの操作が難しい
  • 紙のチケットだけど
    プリンターで印刷されただけの
    簡単なものだから雰囲気が出ない

機械が苦手な方にとっては
ちょっとハードルが高いですね。

ロッピーの操作方法については
後ほど動画で紹介していますので
合わせてご覧ください

みどりの窓口のデメリット

  • 窓口が近くにないと不便
  • 窓口の営業時間にしか購入できない。

ただ、これらのデメリットは
大阪駅、新大阪駅に数箇所窓口があり
USJへの行き道にチケットが購入できる
ということと

大阪駅、新大阪駅のほとんどの
窓口の営業時間が
朝の5時半~夜の11時半まで

ということから
それほど気にすることはないかな
と思います。

ロッピーの使い方を簡単に紹介

最後にロッピーのデメリット
機械が苦手な人にとって操作が難しい
について

購入方法を動画にしてみましたので、
ご覧ください。

まとめ

ということで今回は
ローソンとみどりの窓口で
USJのチケットを購入する方法と

それぞれのメリット、デメリット
について見てきました。

その日にUSJに行きたい
というわけではなく
事前に購入する余裕がある場合は

チケットを格安に購入する方法
別の記事で紹介していますので
合わせてご覧くださいね。