ハリーポッターエリアのシンボル
ホグワーツ城。

そのホグワーツ城では前回紹介した
フォービドゥン・ジャーニー
楽しめるのに対して

ホグワーツ城の下に広がる
ホグズミード村では

もう一つのアトラクション
フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ
を楽しむことが出来ます。

ホグズミード村の雰囲気を味わえる
屋外型のアトラクションとの事ですが
どのような内容なんでしょか?

怖いアトラクションなの?
待ち時間はあるの?

などの疑問も一緒に
見ていくことにしましょう!



スポンサーリンク



フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフとは

まず、ハリーポッターを
ご覧になっていない方のために

ヒッポグリフ」について
簡単に説明しますね。

ヒッポグリフとは
ハリーポッターとアズガバンの囚人
という映画作品に登場する

上半身が大鷲・下半身が馬の魔法生物
ハリーポッターのヒッポグリフ

グリフォンにも似てますが
グリフォンは下半身がライオン
という違いがあるようです。

ハリーポッターのお話の中では
ビッポグリフに近づいて触るには

2、3秒程目を合わせ、お辞儀した後、
ヒッポグリフがお辞儀するまで待つ

という作法があるんです。

なので、アトラクションには
お辞儀してから乗りましょうね♪

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフは怖い?内容は?

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ
の内容は、

いわゆる屋外型のミニコースター
と言った感じでしょうか。
ハリーポッターヒッポグリフ

ハリウッドドリームの一回転のような
過激な演出はなく

上空を飛んでいるような感覚
ホグズミード村の景色を
楽しめると言うことなんですが

絶叫系が苦手な私にとっては
ちょっと怖いなと感じました。

しかし、
身長制限は92cm(保護者同伴)と
かなり小さいお子さんでも
体験できるアトラクションですので

単に私がビビり過ぎ
なだけだと思います(笑)

昼・夜で違った綺麗な景色が楽しめる

怖いのは怖いんですが、
それ以上に上空から眺める
ホグズミード村の景色がとても綺麗

他の方が
景観がすばらしくて
フォービドゥン・ジャーニーより楽しい

と言っているのもうなずける
内容でした。

また、このアトラクションは
昼と夜で違った表情を見せ

昼間は春の暖かい快晴の日に乗ると
さわやかな風と
のどかな村の雰囲気に癒され

最高に気持ちいいだろうな
と思いました。

夜は村全体がライトアップされるので
とても幻想的な景色を
楽しむことができます。
夜のホグズミード村
ちょっと寒いけれど冬なら夜のほうが
ロマンチックな雰囲気を楽しめるので
お勧めですね。

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフの混雑や待ち時間は?

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフの
待ち時間は

2014年11月現在は
60分~120分ぐらいのようです。

休日の昼に行ったときは
100分待ちでしたので

スパイダーマンなどの
超人気アトラクションに比べると
まだ早いほうですね。

一度に大勢乗ることが出来るのと
所要時間が2分と短いことで
回転が速いのも

それほど待たない理由だと思います。

こちらも
フォービドゥン・ジャーニー
と同じように

ハグリットの家
ハグリッドの小屋など
ここでしか見ることの出来ない
景色が見られるので

待ち時間もそれほど
苦にならないと思います。

まとめ

と言うことで今回は
フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフの

  • 内容や怖さ
  • 待ち時間や混雑状況

について見てきました。

テレビでは
フォービドゥン・ジャーニー
お話ばかりですが

こちらも人気のアトラクションなので
ハリーポッターエリアに入った際は
ぜひ体験してみてくださいね!