USJホラーナイトは
数々の名作ホラー映画とコラボしています。

その中でもとくに有名なのが
13日の金曜日」ではないでしょうか。

もう30年以上前の映画ですが

アイスホッケーマスクにチェーンソー、を持った
ジェイソンというキャラクターは
いまだに世界中で知られていますよね。

※実際はチェーンソーじゃなく鉈(なた)だそうです!
(匿名さんよりご指摘)

今回はそんな13日の金曜日をコンセプトにした
入るのに相当の覚悟が必要とされる

13日の金曜日~ジェイソンのブラッド・ダイナー
について、詳細を見ていきたいと思います。



スポンサーリンク



13日の金曜日やジェイソンとは?

有名とはいえ30年以上前の映画なので
特に20代前半より若い人の中には

映画の内容は全く知らないという方も
いるのではないでしょうか。

ちょうど20年ほど前までは
13日の金曜日になると

金曜ロードショーで必ずと言っていいほど
この映画が放送されていました。

まだ小さかった私にとっては
とても見れたものじゃなく
トラウマになるぐらいのもので

今思えばよくあの内容を地上波で流せたなと思えるほどの
いわゆるスプラッター映画です。

13日の金曜日、ジェイソン
大柄の殺人鬼「ジェイソン」が次々に人を襲う
ストーリーの大筋はいたってシンプルなものですが
その描写がとてもグロく

もう一度言いますが、
よくこれがテレビで放送されていたなと思う
本当に残酷なものでした。

ジェイソンのブラッド・ダイナーとは

ホラーナイトで開催される
ジェイソンのブラッドダイナーは
今回で3回目になります。

タイトルも正式には
ジェイソンのブラッド・ダイナー3
となっており、

前回以上の怖さが期待されています。

ブラッドダイナー入口
場所はロンバー・ランディングの1階。
2階では時間制ですがダークレストランが開催されていて

とてもつい最近まで
「サンジの海賊レストラン」が行われていたとは思えない
おどろおどろしい雰囲気を出しています。
サンジの海賊レストラン
サンジの海賊レストランは要予約?夏の混雑日に当日券を取る方法は

ブラッドダイナーの怖さは?

ブラッド・ダイナー3のホラーレベルは3
小学生以下の入場は不可となっているので

怖さ的にはダークレストランと同じぐらいのようですが

精神的に攻めてくるダークレストランに対して

ブラッド・ダイナーは過激な表現で攻めてくるタイプの
探索型ホラーハウスとなっているようです。

ブラッド・ダイナーの混雑は?内容も少しネタバレ

それではブラッドダイナーは
具体的にどんなアトラクションなのか

少しだけネタバレで内容を見てみましょう。

その前に混み具合ですが
このアトラクションはめちゃくちゃ混みます

大体120分から150分は見ておいたほうがいいようなので

時間が取れる方はできるだけ
平日に行かれることをお勧めします。

ブラッド・ダイナーの内容を少しだけネタバレ

最後にアトラクションを楽しめるために
ポイントだけをネタバレしていきます。

まず待合の列ですが森の奥深く
映画の舞台「クリスタルレイクの森」をイメージするかのような
不気味な効果音が流れていて

並んでいる間に映画の世界に引き込まれていきます。

1度に入るのは6人。

ブラッドダイナーに入るときのロープ
この6人一組がシーツを破ったかのようなロープを一緒に持ち
列になって暗いブラッドダイナーの建物の中を歩いていくわけですが、

ここでの並ぶ位置が重要
といっても自分で選べるわけではないので運になってしまいますが

先頭は暗闇の中を自分が引っ張って歩いていかないといけないので
かなりの根性が必要とされますし、

最後尾はジェイソンに襲われる確率がかなり高いので
この位置に当たれば、
ある意味一番アトラクションを満喫できるんじゃないかと思います。

【以下のネタバレは面白さが半減する可能性あり】

始めから最後までとにかくエグいグロいの連続ですが、
一番の絶叫ポイントは
昨年のブラッドダイナー2を参考にすると

急にカーテンがばっと開く所だと思われます。

一瞬びくっとして立ち止まるも
ただカーテンが開いただけでそれ以上は何もないようなので
先に進もうとした瞬間

背後にジェイソンが!

ここで最後尾の人が腰を抜かしたという話を何度か聞きました。


日本のホラーが精神的にくるのに対して
力押しで怖さを演出する海外ホラー。

特にその力押しを極限まで高めた
スプラッターというジャンルを代表する「13日の金曜日」は

体験するとしばらく食欲がなくなる程
強烈なインパクトがあります。

思いっきり刺激を求めたい方には
かなりおすすめのアトラクションです!