夏真っ只中のこの季節。
新しい出会いや、恋人が欲しいと感じている人も多いのでは?

またすでにお相手のいる方も、
もっと相手と深い関係になりたい。
これからもずっとそばにいたいと思っているけど自信がない。

などなど恋の悩みがあるのではないでしょうか?

今回はそんな恋に悩める全ての人にオススメの場所、
縁結びのパワースポット!
京都梨木神社をご紹介します!

では早速詳細を見ていきましょう!


スポンサーリンク




梨木神社の場所や歴史など

ここでは梨木神社の場所や
どんな歴史があるのか見ていきましょう。

梨木神社は京都府京都市上京区にあります。
創建されたのは明治18年(西暦1885年)と歴史のある神社で

明治維新の貢献者である三篠実萬(さねつむ)公と
三篠実美(さとみね)公の邸宅跡に
お二人をお祭りするために
久邇宮朝彦親王(くにのみや あさひこしんのう)の命で
創建されました。

また、境内にある「染井の水」は「醒ヶ井」「県井」と並ぶ
京都三名水とよばれていて
創建時たまたまその場にあった井戸が
いつからかそう呼ばれるようになったそうです。

故人を祀るために神社を建設するというのがすごいです!
その時代のスケール感を感じられます!

神社ってなんとなくお参りに行ったりしていましたが
ちゃんと建てられた意味があるんだなと思いました!


スポンサーリンク

霊水のご利益とは?汲み方は?

上記にも記載しましたが、
境内にある「染井の水」は京都の三名水の一つです。

そこで、この水を求めて
やってくる人が後を絶たないよう。

現地で飲めるだけでなく、ペットボトル持参で来る人も多く
「水汲みは一回5リットルまで」といった
注意書きが貼ってあるそうです。

水汲みの際には必ずルールを守りましょう!

ちなみに「染井」の由来は、
このお水を使って染物をすると綺麗に仕上がったからだそうです。

お水を汲んでお持ち帰りできるのは嬉しいですね!

「京都三名水」なんて言われたら、
ミーハーではない自分も
ペットボトル持参で是非汲みに行きたいです!

愛の木は縁結びのパワースポットで人気!

そしてそして!

お待たせしました!
読者の皆さんが一番気になる、知りたい
「愛の木」のお話です!

梨木神社ではご神木「桂の木」を
「愛の木」と呼んでいます。

なぜこの木が縁結びのパワースポットと呼ばれるかというと
葉っぱがハートの形をしているからなんです!

なんでも愛の木を撫でながら
願い事をすればそれが叶うそうなんです!

彼氏、彼女が欲しい。
出会いがなくてちょっと諦めかけている。

なんて人もこれがきっかけで素敵な出会いがあるかもしれません!

「愛の木」の場所は、染井の水の井戸のすぐ近くに
「ご神木」「愛のき」と彫られた石碑があるので分かりやすいです!

「愛の木」から恋愛成就のパワーを授かりにいきましょう!

まとめ

梨木神社は由緒正しき歴史があり
京都三名水の「霊水」があり
恋愛成就のパワースポットでもある
とても行きごたえのある神社だと思いました!

恋に悩んでしまったら
落ち込む前に是非梨木神社に訪れて
「愛の木」のパワーを分けてもらってくださいね!