此花区の外れ、
決していい場所にあるとはいえないけれど
週末になると多くの買い物客でにぎわうIKEA。

この周りには他に何もないので、
本当にIKEAだけを目的にきている人たちばかりです。

基本的に大阪の商業施設は
目的地以外の場所にも遊びにいけなるような場所でないと
人が集まらないのですが

例外的にわざわざ難波から30分近くバスに乗ってでも
買い物するために訪れようとする人が多くいるここIKEAから

今回は特に人気のある
ホットドッグについてみていきたいと思います。

それでは早速いってみましょう!



スポンサーリンク



IKEAのホットドッグは安くて人気

IKEAで大人気のファストフードがホットドッグ。

1階のビストロという場所で食券を買って
食べることができるんですが、

そのお値段は何と100円!
IKEAのビストロ自販機

ドリンクとセットでも180円
※現在は150円だそうです。

しかもドリンクは飲み放題なので
めちゃめちゃお得ですね!

さらにはソフトクリームも
50円で食べられてしまうので

IKEAに買い物に来た際は
ビストロに寄らないと損ぐらいに思ってしまう安さです!

鶴浜店の2階には座って食べることができる
レストランもあり、そちらもいつ行っても満員ですが

価格や満足度から考えると
個人的には断然ビストロの方がおすすめです!
IKEAのビストロ

何よりさっと食べてさっと買い物に行けるので
せっかちな大阪人にうってつけな
サービスじゃないでしょうか。

IKEAのホットドッグ攻略!たっぷりトッピングできる方法とは?

このホットドッグの人気の秘密は
安い上にトッピングし放題というところ!

※今はトッピングが有料になっているようです。

現在、ホットドックのトッピングは別料金です。
トッピングの有無は食券で選べます。
黒いパンにくろいそーせーじの忍者ドックやらいろいろあります。
(「わんたん」さんからのコメント)

購入したときに渡されるのはパンとウィンナーだけの
素朴なホットドッグですが、

その横にトッピングコーナーがあり、
自由にいくらでもトッピングすることができちゃいます!

ケチャップ、マスタード
ピクルスにオニオンフライ。

なんといってもこのオニオンフライ
かりかり香ばしくておいしいんです!

オニオンフライをいかにたくさん盛りつけられるかが
ホットドッグの満足度を左右する
といっても過言ではありません!

オニオンフライ攻略法

しかしこのオニオンフライ、
意外とトッピングするのが難しいんです。

欲張ってたくさんかけても
ぽろぽろこぼれてしまって美しくない。

そこで、そんなオニオンフライを
きれいにたくさん盛りつける方法を紹介します!

それは至ってシンプルで、
ピクルス→オニオンフライ→ピクルス

の順番に盛りつけること。
IKEAのホットドッグの盛り付け方

乾燥してぽろぽろこぼれやすいオニオンフライを

ペースト状で形が崩れにくい
ピクルスで挟むということですね。

とても簡単で、きれいに、
たくさんオニオンフライを楽しむことができるので
機会があれば是非一度お試しあれ!

私はトッピングの際に
ソーセージをいったん外してトッピング後に乗せます。
そうすればトッピングはたくさん乗せれて
ソーセージが押さえとなってこぼれにくいです。
(「わんたん」さんからのコメント)

こちらの方法の方がさらに盛りやすくなりそうですね。
コメントありがとうございました!

ビストロ混雑時は並ばなくても家で食べられる?

安いことでとても混雑するビストロ。
ゆっくり食べたいという人もいるとは思いますが

そんな余裕がないぐらい、
なんなら食べるスペースもないくらい
いつ行っても満席状態です。

そこでそんな混雑を回避する方法を紹介します。

それは、
素材だけ買って帰るという方法。

実はIKEAの奥にある食材販売コーナーでは
ビストロで食べられるホットドッグとおなじ

パンとウィンナー、
そしてオニオンフライを購入することができます。
IKEAの食品コーナーでホットドッグが買える

鶴浜店でピクルスを見た記憶がありませんが、
一緒に売っているのではないかとは思います。

※コメントいただいた情報によると
ピクルスも売っているそうです。

後はケチャップとマスタードさえ用意すれば
お家でいつでもホットドッグが食べ放題ですね!


北欧から日本に上陸し、
安さとおしゃれなデザインのインテリアで人気のIKEA

今回はそんなインテリアを完全に無視して
ホットドッグのみを見てみました。

鶴浜店だけでなく
全国のIKEAにビストロはあるようなので

お近くのIKEAにいった際には
ぜひホットドッグ(特にオニオンフライ)を楽しんでみてください!