テラフォーマーズ
ジョジョの奇妙な冒険などの
実写化で話題になったのは
記憶に新しいと思います。

筆者の私は実際に
テラフォーマーズの実写を
映画館まで見にいきましたが
斬新なアクションが盛りだくさんで
興奮しっぱなしでした!

今回はそんな魅力的な映画を
創り続けている映画監督、
三池崇史さんにフォーカスして
情報をお届けしていきます。

具体的には
出身地や経歴などのプロフィール
結婚しているのか、年収はいくらぐらいなのか
と言ったプライベートなお話し
手がけた作品の紹介などをまとめています。

あ!っと驚く情報を一緒に
楽しんでみていきましょう。

それでは早速スタートしていきます!


スポンサーリンク



三池崇史のプロフィール

三池崇史(みいけたかし)さんは、
1960年8月24日に生まれて
大阪府八尾市出身日本の映画監督です。

小さい時は三重県で過ごして
大阪工業大学高等学校
横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)
を卒業しています。

ちなみに八尾市
特産品のえだまめがおいしく、お祭がたくさんあって
人情深い人が多い楽しい街ですね。

筆者のわたしもよく
特産品のえだまめ買いに
八尾市までいくことがしばしあります。
えだまめが好きな方は必見です!

お話を戻しますね。
今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、
西村潔、井上梅次、村川透などの
有名な映画監督の助監督を務めて
経験を積んでいたことがあるとのこと。

厳しい経験をこなして諦めなかった結果
1991年に映画『突風!ミニパト隊』で監督デビュー。

そして1995年
『新宿黒社会』で初の劇場用として
銀幕デビューしたのです。

三池崇史さんの造る性がのジャンルは
コメディからバイオレンス、ホラーなど
幅が広くて多くの人に楽しみを
与えていることは有名ですね。

三池崇史さんは監督としてたった3年で
1998年に、『TIME』誌がこれから活躍が
期待される非英語圏の監督として、
ジョン・ウーと並び10位に選出されたのです。

映画監督は10年は経験を積まないと
名監督になれないイメージだったのですが
本当にすごいですよね。

その後も活躍が認められていき
クエンティン・タランティーノ
イーライ・ロスパク・チャヌクなど、
海外の監督にも影響を与えました。

また映画業界に止まらず
オマー・ロドリゲス・ロペス
フライング・ロータスなど、海外ミュージシャンにも
ファンが多くいるからというからには
私の驚きも止まりません。

三池崇史さんの名は遂には世界まで進出し
『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして
初めてカンヌ国際映画祭に出品されたのですよ。

世界的な映画監督としての
仲間入りを果たした瞬間でしたね!

ここまで三池崇史さんが成し遂げれたのは
「仕事は来たもん順で受ける」
「映像化可能であれば、まず何でもやってみる」
と三池崇史さんの映画への情熱があったからでしょう。

三池崇史さんの映画制作スタイルは
賛否両論ではありますが、日本は比較的
子供に衝撃を与える映像は懸念されがちです。

日本のメディアでは論争を巻き起こすことが多いですが
海外での評価はかなり高いのですよ。

こんなエピソードがありました。
2001年のトロント国際映画祭での
制作映画の上映時には、エチケット袋を観客に配り、
過激な描写が自分の持ち味であることを
アピールしたしたことで論争を起こしたこともありました。

三池崇史さんの映画の
パフォーマンスは何ともはや。という
感じて筆者のわたしも驚いたことは
いうまでもありません。

好きな映画監督
黒澤明、五社英雄、デヴィッド・リンチ、
ポール・バーホーベン、デヴィッド・クローネンバーグ。

好きな映画
『燃えよドラゴン』、『スターシップ・トゥルーパーズ』、
『雲霧仁左衛門』、『闇の狩人』、『七人の侍』、
『座頭市シリーズ(特に1962年の第1作目)』など。

と三池崇史さんは熱く語ったこともあるようですね。

三池崇史さんの天才的な独特な才能は
どれくらいの収入になるのかも気になりますよね。

また三池崇史さんの天才的な独特な才能に
ついていける奥さんになる存在はいるのでしょうか。

そのあたりも調べてしましたので
早速こちらもみていきましょう!


スポンサーリンク



結婚はしてる?年収は?

三池崇史さんの収入はどれくらいか
調べてみました。

日本の映画監督の
映画を1作品あたりの収入は500万円
と言われています。

わたしの予想では
三池崇史さんの場合は著名なので
映画を1作品あたりの収入は1000万円

年間で平均3本の映画を手がけていること
本人のテレビ出演などを合わせると
年棒5000万円ほどだと予想します。

筆者のわたしの感想は
プロスポーツ選手の年棒何億円。
のようなイメージがあったので
そんなに多くないな。
とぶっちゃけ思いました。

でもよく考えてみました。
一般的なサラリーマンと比較したら
とんでもない金額なんですけどね。

次に奥さんの情報について
いろいろ調べて見たのですが
情報はありませんでした。

これも筆者のわたしの独自の予想なのですが
学生時代に出会った一般の女性なのです。

三池崇史さんがデビューするまえに
困難に悩まされすごく苦労した時期は
あったでしょう。
こんな独自性の高い映画は評価されないんだ。
と諦めかけたときもあることでしょう。

学生時代に出会った一般の女性が
三池崇史さんの悩んだ時代を影で支えてきたのです。
つまりその人が今の奥さんだと予想ができるのですよ。

すごい才能を持っている方の
裏側にはそういった出会いがあるものなのです!

おすすめ作品を紹介!

筆者の私のオススメ映画は複数あるので
簡単にご紹介していきますね。

海外での受賞は『極道戦国志 不動』
ポルト国際映画祭審査員特別賞
この映画もなかなか衝撃的なアクションが多いですね。

『オーディション』でロッテルダム国際映画祭で
国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞
この映画は考えさえられる内容が多いですよ。

『カタクリ家の幸福』
ジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞
この作品は衝撃的な結末が待っているのです。
それはぜひ見てからのお楽しみですね。

2004年の『IZO』(イゾウ)はなかなかの
おすすめな作品ですよ。ただR-15指定なので
大人向けの映画ですね。

内容は幕末時代の人を闇に葬る仕事をしていた
岡田以蔵をモチーフに、過去・未来を通じて
時間を超越した戦いを繰り広げられているのです。

また豪華な出演陣が話題なったので
知っている方も多いかもしれませんね。

まとめ

ここまで長くなりましたが
三池崇史さんは
まだまだたくさんの新しい映画を
どんどん創り出していくことでしょう。

最新の映画は
土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲
2016年12月23日に公開です。
今からすでに筆者のわたしは
ワクワクしています。

気になったあなたは
ぜひ、他の作品をDVDを借りて三池崇史さんの
作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。