片岡愛之助さんといえば
藤原紀香さんと結婚した相手として
記憶に新しいでしょう。

他にも名ドラマである
半沢直樹におネエキャラで
登場してたのでインパクトも
強かったのを覚えています。

そんな片岡愛之助さん
なぜ有名になったのか
生い立ちを調べました。

調べれば調べるほど
片岡愛之助さんの魅力がみえてきます。

片岡愛之助さんは
実際にどんな人物なのか
裏側をみていきますね。

それでは早速いってみましょう!


スポンサーリンク



片岡愛之助のプロフィール

片岡愛之助さんは1972年の3月4日の
大阪府堺市で生まれました。

本名は片岡 寛之(かたおか ひろゆき)
旧姓・山元(やまもと)なのです。

ファンからの愛称は
「愛之助」からの連想による「ラブリン」
とても可愛らしい愛称ですね!

ファンからどれだけ
信頼されているかがよくわかります。

プライベートでは
B’zと仲がとても良くて
B’zの2人が片岡愛之助さんの出演する
歌舞伎の公演によく行くそうです。

片岡愛之助さんもB’zのコンサートにも
良く足を運んでいるようですね。

B’zファンにとっては
本当に羨ましい限りです。

片岡愛之助さんはゲームも大好きで
ドラゴンクエストシリーズ』の
大ファンで1作目からプレイしており
『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が
発売された直後に購入して
秋葉原によく訪れていました。

ゲームのプレイに何百時間をかけて
何百種類いるといわれる
モンスターもすべて捕まえた!
とメディアも話題になるほどなのですよ。

筆者のわたしも
通称ドラクエは大好きなので
片岡愛之助さんと気持ちが合うな。
と勝手に素敵な勘違いをしています。

こんなにすごい人である
片岡愛之助さんはどんな生活や
どこの出身なのでしょうか。

実際にもう少し詳しくみていきましょう!

出身はどこ?出身の高校はどんな所?

堺市立三宝小学校
堺市立浜寺中学校を卒業して

すでに俳優として忙しかったため
片岡愛之助さんは中卒で歌舞伎役者
になっても良いと思っていたそうです。

しかし当時は
実父母から「高校だけは出なさい」と言われ、
大阪府立信太高等学校
進学することになりました。

高校はいたって普通の高校だったようです。
ただ野球の阪神タイガースの水落暢明さん
卒業した高校としても知られています。

その後は大学に進学は
していないようですね。

元々は歌舞伎役者として生活を
覚悟されていたので本人の希望で
歌舞伎役者を本業とすると決めたようです。

そんな片岡愛之助さんを育てた親は
どのような人物だったのでしょうか。

気になる親との関係もみていきましょう!


スポンサーリンク



父・母との関係や生い立ちは?

父・母はスクリュー製造工場を経営している
街の経営者をしていました。

そのため歌舞伎とは無縁だったのですが
父・母は歌舞伎が好きだったようですね。

しかし両親は20代の頃に
この世には居ない人となったようです。
辛いことではありますが、
兄妹は妹が一人いることがわかっています。

片岡愛之助さんが俳優になった生い立ちは
1977年に習い事の一環として
受験した松竹芸能の子役オーディションで
抜擢されたことでした。

その後は子役として
様々なドラマに出演を果たしていき
歌舞伎俳優としても開花していきます。

1997年の咲くやこの花賞を機に、
国立劇場優秀賞(2002年)を受賞し

その後も
大阪舞台芸術新人賞(2003年)
大阪舞台芸術奨励賞(2005年)
松尾芸能賞新人賞(2006年)
受賞し俳優として
輝かしい結果を残してきたのです。

そして社会現象にもなった
2013年のテレビドラマ『半沢直樹』にて
おネエ口調のエリート官僚役で
出演をしていきメディアでもよく
話題になっていました。

そして
第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞
助演男優賞で香川照之に次いで
2位を入賞という成績。

本当に素晴らしいの一言に尽きます。

子役から芸能界に入ったきっかけについて
片岡愛之助は語ります。

片岡愛之助さんが幼い時に
実家の工場にダンプカーが出入りし
危険だったので家族が心配して

「家に閉じ込めておくのも
将来が不安になるので」

という事情で役者人生が
始まったのでした。

なんとも驚きの理由ですよね。

まとめ

片岡愛之助さんの記事を書いて
筆者のわたし自身が益々
ファンになりました。

個性的な演技が得意な
片岡愛之助。
今後の活躍も注目していき

藤原紀香さんとの結婚生活も
応援していきたいですね!

ぜひあなたも
片岡愛之助さんに注目してみては
いかがでしょうか。