大阪の有名ライブハウス、
心斎橋クラブクアトロで
史上最年少のワンマンライブを実現した
シンガーソングライターの井上苑子さん。

心斎橋クラブクアトロと言えば
数々の海外著名アーティストが来日した際に
ライブを行う歴史あるライブハウスで

当時中学生のアマチュアだった歌手が
ワンマンライブを開くことは特例なのです。

今では20代を中心に注目を集める
井上苑子さんですが

「苑子」って何て読むの?
出身地や出身の学校は?
どんな曲がヒットしているの?

などなど、
いろんな角度から井上苑子さんについて
詳しく調べてみました。

では早速みていきましょう!


スポンサーリンク



井上苑子はなんて読む?プロフィールも!

井上 苑子(いのうえ そのこ)
1997年12月11日に生まれた平成女子ですね。
ニックネームは「そんちゃん」です。

兵庫県神戸市の育ちで
ボイストレーナーで活躍している母親の影響で
幼い頃から歌うのが大好きな女の子でした。

ちなみに父親はお医者さんのようです。

そんな彼女は小学校卒業式の
当日に心斎橋のライブハウスで
自身も小学生ながら「卒業式ワンマンライブ」を
披露することになります。

その時、なんとチケットは3日で完売して
100人以上のお客さんを集めることに成功し
関西の放送局からも大きく取り上げられました。

そんな才能溢れる井上苑子さんは
どんな育ちをしてきたのでしょうか。

出身地や中学・高校はどこ?

兵庫県神戸市出身ではあるのですが、
実は井上苑子さんは中学までは
大阪府大阪市に住んでいました。

帝塚山学院中学校から
日出高校へ進学したという噂が有力なようですね。

小学生のときの2009年5月頃に
ギターと作詞作曲活動を始め、
しかも1か月後には
オリジナル曲「こころ」を作ったというんですから
すごい才能ですよね!

小学生のころからもうすでに
シンガーソングライターの活動が始まっていたのですよ。

そして時は流れ、中学生のころには
心斎橋クラブクアトロで偉業を達成

しかも中学生ながら
地元のテレビ番組であるJ:COM『8時です!生放送!!』にて
オープニング曲に番組のために
作成した楽曲「笑顔」が採用されました。

その後、高校に進学すると同時に関東の方へ引っ越し
2013年4月10日には、全国流通版のシングル、
「ソライロブルー」が発売されます。

そして2013年11月には
関西テレビの開局55周年を記念したドラマ
『Y・O・U やまびこ音楽同好会』にて、
メインギターボーカルとして
重要な役をなんなく成し遂げました。

CDのリリースから重要な役を任されるなど
本当に活躍の場が広がり
2015年夏には映画『私たちのハァハァ』に出演し
ますます女優としての活躍が見られるようになります。

2015年11月4日はユニバーサルミュージックより
メジャーデビューシングル「だいすき。」を発表し、
幼いころからの夢を実現しました。

これには彼女だけでなく、彼女の昔からのファンも
感動したという話しをたくさん聞きました。
下積み時代から応援してきた人にとっては
本当に自分の事のように感じるでしょうね!

そして2016年の3月には高校の卒業記念に
冒頭でお話したクラブクアトロでライブが行われます。

このイベントでは、感動して泣く方が続出して
これもまた伝説のイベントになりました。

本当に素敵な学生時代を過ごされたんですね。


スポンサーリンク



カラオケで人気!おすすめの曲は?

特に20代女性に
おすすめの人気のカラオケ曲は
『ナツコイ 』です。

『 井上苑子 × ACUVUE® 』
キャンペーンCMソング として

CMで話題の曲として
一度は耳にしたことが
あるのではないでしょうか。

井上苑子らしく印象に残る
爽やかなポップなメロディの中に

恋愛に関する想いが
歌詞に込められていて
特に20代女性が共感できる
歌詞になっているのですよ。

まとめ

井上苑子さんは
まだまだ若いにも関わらず
大人顔負けのしっかりした性格と

可愛らしい笑顔や恋愛に関する考え方など
そういった部分が
特に20代女性にウケているのでしょう。

曲もたくさんでており
YouTubeやiTunesで視聴もあるので
気になった方はぜひ曲を聴いてみてください。

曲やメロディめハッピー気持ちになれます。
そんな井上苑子さんに
ぜひ今後も注目していきたいですね!