大阪にはいくつもの難読地名や駅名が存在します。

今までも多数紹介してきましたが、
まだまだたくさんある難読シリーズ。

今回のは大阪市西淀川区にある
「御幣島」という駅について
見ていきたいと思います。

普通に読んだら「ごへいじま」
や「みへいじま」ですよね。

難読駅名の一つ「御幣島」は何と読むのでしょうか

そして名前の由来、語源はどこから来ているのでしょうか?

それではさっそくいってみましょう!



スポンサーリンク



御幣島の読み方は?場所はどこ?

という事でいきなり答えとなりますが、

「御幣島」は「みてじま」と読みます。


場所は大阪市の西の端。

新淀川と神崎川にはさまれた場所にあり、
神崎川を越えれば兵庫県尼崎市に入る

ほぼ県境に位置します。

JR東西線に乗れば
3駅6分で北新地駅に到着するので梅田にも近く

また、同じく東西線で兵庫県側に向かい、
尼崎で山陽本線に乗り換えれば

神戸三ノ宮まで30分ほどで到着できる
とても交通の便が良い場所です。

これほど便利な場所にもかかわらず
大阪の西側は比較的家賃がお手頃な価格だということもあり、

地方から大阪に出てきた大学生や
新社会人など、一人暮らしの若者にも人気のある場所のようです。

御幣島の名前の語源・由来は?

西淀川区のホームページに語源と由来が乗っていましたので
引用してみましょう

むかし神功皇后が住吉神社に奉献された島の中に
幣帛島(へいはくじま)と呼ばれた島があります。

これは三韓から朝貢を運んできた船が、このあたりで難船の危機にあったことから、
この島に姫神を祀ったと住吉神社記にあります。

また一説には、神功皇后が朝鮮半島に向かわれての帰途、
ここで御幣を調整し、国の安泰を祈ったとも伝えられています。

これが御幣島の語源です。

うん、わからん(笑)

専門用語だらけでちょっと理解し辛く感じましたので
一つ一つ見ていくことにしましょう。

御幣島の由来、歴史文章を分解して詳しく見てみる

まずは
「むかし神功皇后が~三韓から朝貢を運んできた船が」
までの内容を見てみましょう。

神功皇后(じんぐうこうごう)とは

神功元年から神功69年(西暦201年~269年)まで政事を執り行なった
皇后(天皇の正妻)です。
Tシャツのデザインにもなっている神功皇后
※Tシャツのデザインにもなられるほどの知名度。

夫の仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)が急死した後
夫の仇とされる熊襲(くまそ)を討伐します。

その後住吉大神(住吉大社などに祀られる神々の総称)の神託により

お腹にのちの応神天皇を妊娠したまま
朝鮮半島の新羅を攻め、降伏させ、

高句麗、百済からも朝貢
(ちょうこう:君主が貢物を捧げ、これに対して天皇側が恩賜を与える)
を約束したました。

これを三韓征伐といいます。

そして御幣島の語源へ。

「また一説には、神功皇后が~」
が御幣島の由来となります。

朝貢の約束を結び、貢物という形で朝鮮半島と
貿易をおこなうことになった神功皇后は、

その帰りに立ち寄った島で御幣(神道の祭祀で用いられる道具)を調整し
国の安泰を願ったとのことで、
その島が御幣島となったというのが語源だと書かれています。

御幣島の由来となる御幣
御幣島の語源「御幣」

御幣とは一般的には(ごへい)と読まれますが、
それが「みへい」になり「みて」と訛っていったようです。

また御幣”島”と言う名前の通り、
その昔この場所は島だったという事もわかりますね。


ということで、今回は

御幣島とはどんな場所なのかという所から、
語源にまつわる歴史までを見てきました。

以前紹介した他の地名や駅名の由来もそうですが、
古事記や日本書紀に書かれている内容が多いですね。

それほどの歴史を持つ大阪の由来について
今後もさらに調べていきたいと思います。