リオデジャネイロ五輪のサッカー出場メンバーとして
最年少の井手口陽介選手が選出され、その堂々としたプレーに驚いたのは
まだ記憶に新しいところです。

普段は少しヤンチャそうな顔をしてますが、笑うと目がくしゃっとなり
子供っぽくてかわいい井手口陽介選手。

しかし、その可愛らしい笑顔も試合になると一転。
その真剣な眼差しはサッカーに対する熱い思いが伝わってきます。

メンタルの強さもあの宇佐美貴史選手からも怪物と呼ばれるほどで

井手口陽介選手とはいったいどのような人物なのか興味をもったので
今回は井手口陽介選手について調べてみることにしました。

まずは基本プロフィールと今までの活躍について調べてみました。


スポンサーリンク



井手口陽介のプロフィール?

井手口 陽介(いでぐち ようすけ)

      ・生年月日  1996年8月23日
      ・出身地   福岡県福岡市
      ・身長  171cm
      ・体重  69kg
      ・血液型  O
      ・利き足  右
      ・ポジション  MF
      ・ニックネーム  ヨウスケ

身長が171cmとは意外に小さいんですね〜。

小学生時代は中央FC、ストリートSC、油山カメリアーズに所属しながら
アビスパ福岡スーパースクールにも通っていたというほど
サッカーに時間を注いでますね。

中学進学の時には大阪に行き、ガンバ大阪ジュニアユースに入団しています。
そこでサッカーの才能は発揮され、中心メンバーとして活躍しました。

中学3年生の時点ではガンバユースに所属したとのこと。
ユースといえば、だいたい高校生以上の年代からなのに
中学でユースに昇格とは驚きですね。

そして2013年にはトップチームに2種登録選手として登録されます。

それ以降は

2014年のナビスコカップグループリーグの公式戦では初のベンチ入りを果たす。
ガンバ大阪トップチームへの昇格。
ナビスコカップ鳥栖戦で公式戦デビュー。
2015年松本山雅FC戦でリーグ戦デビュー。

などなど、トントン拍子に上がっていってますね〜。

2016年ではご存知の通り、
リオデジャネイロオリンピックの正式メンバーに
チーム最年少として選出されましたね。

その井手口陽介選手にはお兄さんがいてるのですが、
そのお兄さんも元FC横浜に所属していていたプロサッカー選手みたいです。

名前は井手口正昭選手。

現在は海外で活躍しているようですね。
兄弟揃って、プロサッカー選手とはすごい!

出身小学校や高校は?

井手口陽介選手の出身小学校はお兄さんの正昭選手と同じ
福岡市立板付小学校ではないかと言われています。

高校は大阪にある追手門学院高校に通っていました。

追手門学院高校といえば…

お金持ちが多いと大阪では有名な学校ではないですかぁ!!!

スポーツコースも充実していて、ガンバ大阪ユース生徒の他、
強化クラブであるアメリカンフットボール部、
女子サッカー部の生徒で構成されているようです。

サッカー選手の内田裕斗選手や小川直毅選手、女優の黒木華さんなど
様々な有名人も出身しています。

この贅沢な顔ぶれが揃ってる学校なんてうらやましい〜〜!!


スポンサーリンク



海外移籍を希望?

井手口陽介選手ですが、近い将来に海外移籍を希望していますね。

リオ五輪のプレーの中で世界との差を感じたようで、

本人も

「Jリーグでは経験できない部分があった。今のままでは無理やと思う。
早く海外に行くに越したことはない。ここ(ガンバ大阪)で結果を残して行きたい」

と語っているようです。

とくにリオ五輪開幕前の7月30日に対戦したブラジルとの親善試合では、

「ブラジルはレベルが違った。みんな速いし強いしうまい。
その選手たちが(パスを)出したら絶対動いて止まることがない。
(攻守の)切り替えも速いし、うまい選手たちにあれをやられるとかなわないと思った」

とブラジルサッカーのレベルの高さにかなり衝撃を受けたみたいです。

海外経験もきっと勉強になることがたくさんあると思うので、
海外移籍希望であれば、ぜひがんばってほしいものです。

 

まとめ

井手口陽介選手を調べていると、彼がどれだけサッカーが大好きで、
時間と情熱を注いでいるのかがわかりますね。

その実力が認められ、

最優秀選手賞
ニューヒーロー賞

など数々の賞も受賞しています。

リオ五輪に続き、2018年にはロシアでサッカーワールドカップが開かれます。

存在感を高めてきている井手口陽介選手が、
ワールドカップでどのようなプレーを見せてくれるのか
今から楽しみです。

きっと大活躍をしてくれること間違いないでしょう☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。