みなさん、
フィギュアスケートはお好きですか?

フィギュアスケート選手が
スケートリンクをスーッと滑ったり
クルクル回ったりする様子を
見ているだけで楽しくなれますよね♪

フィギュアスケートといえば、
2017年4月、
浅田真央さんが引退した
というニュースには驚きましたね。

浅田真央さんは長年の間、
女子フィギュア界のエースとして
ハイクオリティな演技で魅せてくれました。
本当にお疲れ様でした!!

そして、世代は交代して、
現在の女子フィギュアの
エース的な存在といえば、
三原舞依さんですね。

みなさん、
実は、三原舞依さんが「関西出身」である
ということはご存知でしたか?

今回は、そんな、
関西発の期待の新エース・三原舞依さんに
ついての情報をお伝えします♪


スポンサーリンク




三原舞依のプロフィール!

三原舞依さんは、
1999年8月22日生まれだそうです。
まだまだ若いので、
これからどのように成長していくのか楽しみですね♪

身長は154cmです。
意外にも小柄なんですね!
ちなみに、浅田真央さんは163cmと、
女性にしてはまあまあ高めだったようです。

三原舞依さんがスケートを始めたきっかけは
なんだったのでしょうか?
なんと、浅田真央さんに憧れて
フィギュアスケートを始めたそうです!

今となっては、その憧れの選手の
後を継ぐような地位まで上り詰めたとは、すごいですね!
三原舞依さんの不断の努力の結果です。

そして、スケートに関する情報としては、
アクセル以外のトリプル技5種が跳べるそうです。
さすが新エースと言われるだけありますね♪

出身地や中学・高校はどこ?

三原舞依さんの出身地は
兵庫県神戸市です。
そして、中学校は神戸市立飛松中学校、
高校は兵庫県立芦屋高等学校
を出ています。

フィギュアスケートの選手になるには
お金がかかるので、
実家がお金持ちの方が多いイメージです。

でも、三原舞依さんの場合は
公立の学校に通っていたとは、
意外に庶民的なんですね!
親近感を持ってしまいます♪


スポンサーリンク

難病の病名とは?フィギュアスケートに影響はある?

ご存知かもしれませんが、
三原舞依さんは
「若年性突発性関節炎」
という難病を患っています。

この病気について簡単に説明すると、
16歳未満で発症するリウマチで
「全身の関節が痛む」という症状をもつ病気のようです。
1万人にたった1人の確率でかかる病気です。

2015年のジュニアシーズンの時期に発症したようです。
三原舞依さんは
それからしばらく休んで療養に集中していましたが、
復帰した現在も通院中で治療しているそうです。

そして、気になるのは、
フィギュアスケートへの影響です。

フィギュアスケートに限らず、
日常生活への大きな影響として、
この病気は進行してしまうと、
全身の関節が使えなくなるようです。

でも、三原舞依さんの場合は、
進行する前に治療を開始したので、
なんとかそのような最悪の事態は
回避できたものと思われます。

とは言え、今でも、寒い時期には
関節がこわばって動けなくなることがあるようで、
フィギュアスケートへの多少の影響はあるみたいです。

三原舞依さんは、
その対策として準備体操で
身体を温めるなどの工夫をしているそうです。

病気に負けることなく努力する
その健気な姿勢を見習いたいですね!

まとめ

今回お伝えしたとおり、
三原舞依さんは、まだまだ若いのに
難病を乗り越え活躍しています!

私たちも生きていく上で
待ち受ける障害は少なくないですが、
それに立ち向かう勇気をもらえますね♪

そして、難病に負けず頑張る
三原舞依さんのことを
これからも温かく見守っていきたいです!!

2018年2月には平昌オリンピックが開催されます。
そこでの日本の女子フィギュアの枠は2名です。

三原舞依さんが平昌オリンピックに出場して、
華々しい活躍を見せてくれることを楽しみにしています♪