皆さん『京都府立植物園』は
ご存知でしょうか。

春のお花見がとても綺麗な場所で

まだまだ知られていない
『京都府立植物園』について

今回はご紹介したいと思います!!


スポンサーリンク




京都府立植物園の概要

『京都府立植物園』とは、
京都市左京区にある植物園です。

日本初!の公立植物園!!
って言うのはご存知でしたか?!

東には比叡山、東山連峰を望み、
西には加茂の清流、
北には北山の峰々を背景とした
景勝の地にある『京都府立植物園』は

第二次大戦中、園内に菜園が設けられ
食糧増産の場所となりました。

戦争後は12年間連合軍に接収され
このとき多くの樹木が伐採される。など
悲しい時代が続いたのです。

しかし!

少しずつ整備も行われ
今の『京都府立植物園』があるのです。

面積24ヘクタールと言う広大な敷地に

約12000種類の植物が
約120000本植えられているのです。

想像しても、分からないですよね!
なので実際にあなたの目で
その凄さを確かめに行ってみてください。

桜の見ごろやライトアップの時間は?

桜の見頃は例年の資料を参考にしました。

『3月中旬〜4月下旬』が
桜の見頃となっております!!!

ライトアップもされていて、
普段は17時閉園なんですが

このライトアップの時期のみ
21時閉園になるので
夜桜鑑賞もできちゃうんです!!

しかし、入園は20時までになっているので
ご注意下さいね!!

あと、入場料として
大人 ¥200 / 子供 ¥150
がかかるのですが、

払う価値のある桜が沢山見れますので

喜んでお支払い下さい!!!

また、桜祭りの

・桜ライトアップ
・たそがれ、桜、ぞろぞろ歩き
・サトザクラ展

があるので、是非色んなパターンで
『京都府立植物園』の桜をお楽しみ下さい。

それぞれ日にちが決まっているので
事前に調べてから行ってくださいね。


スポンサーリンク

宴会はできる?注意事項を調査

お花見をしながら楽しい仲間と
美味しいお弁当を食べて
楽しい素敵な時間を過ごしたいですよね。

そんなあなたの為に!
宴会が出来るのかを調査いたしました!

この『京都府立植物園』でも

宴会ができるのです!!

園内には売店もあります!!

しかし!
きちんとルールは守ってくださいね。

① ゴミは持ち帰ること!
② 限られたスペースなので場所は取りすぎないこと!
③ 桜のすぐ下には座らないこと!
④ 桜の木の根を傷付けないこと!
⑤ 閉園時間を守ること!
⑥ 他のお客様に迷惑をかけないこと!
⑦ 思う存分、桜を見てあげること!

お弁当や会話に夢中になって
桜を放置してしまっては可哀想です。

桜も生き物。
一緒になって、お花見宴会を
楽しんであげてください!!!

きっと、桜も喜ぶはずです。

まとめ

『京都府立植物園』は
桜も綺麗ですが、一年中植物が見られます。

年間パスポート(¥1000)をGETして

お花見以外でもご入園下さい。

今回は花見についてを詳しく説明しました。

夜のライトアップは21時までです。

時間を守って夜の花見宴会も
うーんと楽しんでみてはいかがでしょうか。