大阪で自然を楽しむ場所として
人気の高い箕面大滝。

滝も圧巻ですが、

そこまでの道のりも自然の山に囲まれた
落ち着ける場所として
大阪の人たちの心を癒しています。

春は草木の息吹を感じ、
夏は水辺で涼やかに、

秋は紅葉で彩られ
冬は寒さに負けない滝の姿に圧倒される

そんな色々な顔をみせる
箕面大滝を存分に楽しむための
詳細を見ていきましょう。



スポンサーリンク



箕面大滝がライトアップされる期間は?

毎年夏になるとサマーフェスタと題して
箕面大滝と、滝への沿道が
ライトアップされます。
箕面大滝ライトアップ

期間は7月12日から8月31日まで。
2014年のスケジュール

約一ヵ月半に渡って行われる
このライトアップも

2014年で29回目を迎え、
すっかり定番のイベントとなりました。

ヒートアイランドの影響で
日本でも有数の暑さを記録する
大阪市内を抜け出し、

自然を満喫しながら
滝と沿道の川で涼をとり、

夜の滝を幻想的に映し出す
ライトアップでムードの有る夏の夜を
すごすのはとてもいいですね。

また、
2014年7月19日の午後7時から9時まで
1日のみ、しかも2時間限定で

箕面キャンドルロードが開催。
大滝までの沿道に
キャンドルが敷き詰められ

より一層ロマンチックな夜が
演出されます。

箕面大滝、一番の見ごろは秋?

夏の納涼ももちろんいいですが、

個人的におすすめな時期はです。

箕面の紅葉

秋の紅葉の時期になると箕面の山道には

名物紅葉てんぷら(もみじてんぷら)
を売り出す店がいたる所でオープンし、

それぞれのお店で揚げたての
紅葉てんぷらが食べられたり、

その他、山で採れる秋の味覚を
存分に楽しむことができます。

気候もちょうど涼しくなってきて
ハイキングを楽しむ人たちが増え

箕面周辺が活気付く秋。

猿が餌を求めて山から下りてくるのも
この季節ですね。

箕面のごみ箱
箕面のごみ箱
「おさるさんはつかえません」

食べ物を奪われる被害があったことから
最近では餌をあげないよう徹底され、

それに伴って猿を見ることも
少なくなってきましたが、

今でも運が良ければ遠巻きに
見られるかもしれません。

車で行くのもいいけれどハイキングが楽しい!

箕面へのアクセスは
を利用される方が多いようで、

70台もの車を駐車できる大日駐車場
観光の時期は駐車待ちの車の行列が
できるほどとなっています。

少し遠くなればちらほらと空いている
駐車場が見られるようになりますが

それならば電車でアクセスするのも
有りじゃないかなと思います。

と言うのも、車で向かい近くの駐車場に
停められなかった場合、

あまり風景がいいとは言えない
道路沿いを歩いていかなければ
いけませんが

電車で向った場合は
箕面駅を降りた瞬間から観光地の風景
味わうことができるからです。

同じ歩くなら賑やかで、
自然が目いっぱいの山道を
ハイキングを兼ねて健康的に歩き、

歩ききったその先に滝を見たときの
達成感を感じるのも
良いかなと思います。


梅田から30分弱で行けて
自然を感じられることが人気の箕面。

今回おすすめした内容とは違い、

季節は秋以外がいい
という人もいるでしょうし

車で行くのが一番だという人も
いる事でしょう。

それだけ色々な意見があり、
人の数だけ楽しみ方がある魅力的な箕面

あなただけの楽しみ方を見つけてみませんか?