カプセルホテル、というと昔は貧乏旅行か
終電を逃したおっさんたちの逃げ場と思われていました。

ホテルがニョキニョキと建設される京都にあって、
近年カプセルホテルもその数を増やしつつあります。

しかも、昔のように安かろう悪かろうといった固定観念を覆す、
オシャレでキレイでなおかつ安い、という三拍子そろったカプセルホテル
増えてきています。

今回は、おしゃれで女性も泊まれる、そして高級感漂うカプセルホテルを5軒紹介したいと思います。
カプセルホテル観が変わること間違い無しです!!
それではどうぞ。


スポンサーリンク




おしゃれなカプセルホテルが増えている?

という事で、まずは京都で最近増えている
おしゃれカプセルをご紹介します。

センチュリオンキャビン&スパ

2016年にオープンしたセンチュリオンキャビン&スパ
京都の中心部にできた、とってもキレイでおしゃれな
カプセルホテルです。

内装は和テイストを取り入れた、京都らしい佇まいです。
24時間入れるサウナ付大浴場も備えており、もう至れりつくせりです。

余談ですが、24時間有人のフロントのお姉さんも美人揃いという噂です(笑)

アクセス

住所:京都市下京区立売西町68−2
四条烏丸交差点から東に5分程度の南側になります。

料金

男女別のカプセルルームになっています。
シーズンやプランにより変動はありますが
¥4000-4500/一泊
となっています。

サウナ&カプセルホテル京都祇園 ルーマプラザ

続いては、サウナ&カプセルホテル京都祇園 ルーマプラザです。
カプセルホテルとサウナが同居しているこちらのルーマプラザさん。

もちろん、カプセル利用客もサウナの大浴場を使えます。
手足を伸ばして大きなお風呂に入ると、身も心もリラックスしますよね。

ちなみに、ルーマプラザさんのオシャレポイントはその立地
有名観光地「祇園」の真っ只中あるんです。

これをオシャレと言わずして、何をオシャレというのでしょうか!?
ただ、残念ながらこちらのカプセルは男性限定となっています。

アクセス

住所:京都市東山区祇園町南側575
京阪祇園四条駅から徒歩五分程度東に進んだ、南側にあります。

料金

カプセルホテル宿泊料金
上段:¥4,500~
下段:¥4,700~

上下で値段が違うんですね・・・知りませんでした。
上の方が安いのは、落下する可能性があるからでしょうか(笑)

女性におすすめのカプセルホテルは?

続いては、女性にオススメのカプセルホテルを二軒ご紹介しましょう。

「9h(ナインアワーズ)」

まず、一軒目は京都寺町にある「9h(ナインアワーズ)」さん。
変わったお名前ですが、シャワー1時間+睡眠7時間+身支度1時間=合計9時間
で、ナインアワーズ、という命名だそうです。

ホテル内は、全館禁煙で男女別フロアに分かれていますので
女性の一人旅でも安心です。

内装は白を基調としてスタイリッシュ
宿泊施設というよりは、何か近未来の研究所のような
雰囲気すら漂ってきます。

ちなみに、京都以外にも、成田空港や仙台にもあるそうです。

アクセス

住所:京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町588
阪急河原町駅より西に徒歩約2分。寺町通り下がる。
入口の表示が控えめなので、行き過ぎに注意しましょう。

料金

一泊4900円~
(チェックイン 12:00 チェックアウト 10:00)

THE PRIME POD KYOTO

次にご紹介するのは、THE PRIME POD KYOTO
2017年2月15日(水)にオープンしたばかりのカプセルホテルです。

京都の繁華街河原町通りからもほど近く、アクセスも抜群です。

木がふんだんに使われた館内は優しく落ち着いた雰囲気に包まれています。
ラウンジに置かれた京提灯や、座布団といった小物が
和のテイストを高めてくれています。

カプセル(こちらのホテルではポッドと呼んでいるそう)の仕様は、
スタンダードが奥に広いタイプと開口部が大きく横に開いたタイプの二種類
グランドポッドと呼ばれるハイクラスは、デスクと椅子が据え付けられた個室タイプです。

監視カメラやカードキー、24時間対応の有人レセプションにより、
セキュリティー対策も万全なので、一人旅でも怖くありません!

アクセス

京都市中京区河原町三条東入中島町90 フェリチタ三条木屋町ビル7・8・9・10F
京阪三条駅から西へ徒歩10分程度。北側。

料金

カプセルルーム:1泊¥3000~
グランドポッド:1泊¥6500~


スポンサーリンク

高級カプセルホテルも紹介!

最後に高級カプセルホテルをご紹介しましょう。
高級とカプセルホテルという矛盾するような単語が
並んでますが(笑)

ファーストキャビン

ご紹介するのは、ファーストキャビンさん。

「飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテル」
という、公式HPの記述の通り、厳密に言えばカプセルホテルではありません。

ファーストクラスキャビンが広さ4.4㎡。ビジネスクラスキャビンが2.5㎡。
数字で見れば小さいですが、立派なキャビン(客室)が存在するんです。

液晶テレビや有線LANも完備しており、下手なビジネスホテルよりも
設備は充実しているかもしれません。

アクセス

住所:京都市下京区仏光寺通烏丸東入上柳町331番地 
タカノハスクエア 4F
最寄駅は阪急四条駅もしくは地下鉄烏丸駅。
駅近2ウェイアクセスで、言うことありません。

料金

ファーストクラス 宿泊¥5,600 ショートステイ ¥900/1時間
ビジネスクラス  宿泊¥4,600 ショートステイ ¥800/1時間
(いずれも税込)

他のカプセルと比較すると少々高級感が漂いますが
それでもビジネスホテルよりもうんとリーズナブルですよね。

まとめ

以上、京都のカプセルホテル事情についてお届けしました。
外国人観光客の増加とともに、ホテルがあちこちにできている京都市内。

昔お世話になったサウナが次々廃業し、気が付けば
昔はほとんど見かけなかったカプセルホテルが
京都にはこんなに増えていたんですね!

これから観光シーズンを迎える京都で、リーズナブルに滞在するには
カプセルホテルはもってこいだと思います。
カプセルに泊まって浮いたお金を、楽しい京都観光に回してみてはいかがでしょうか?