今年は気軽に行けるバス旅行
とっても流行し
テレビや雑誌などのメディアでも
特集がたくさん組まれました(^^)

バス旅行は日帰りでも
まるで小旅行に行った気分を楽しめるんですね。

そんな中で
関西でとっても人気な観光スポットが
「舞鶴港とれとれセンター」です。

今回はその道の駅のアクセス
お店の中身やフードコートのお話
実際に訪れた人がオススメするお土産を
たっぷりとご紹介していきます!

まずはアクセス情報からお届けしますね!


スポンサーリンク



舞鶴港とれとれセンターのアクセス

まずは基本情報を簡単に
ご紹介しますね!

  • 住所:〒624-0946 舞鶴市下福井905番地
  • 電話番号:0773-75-6125
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:水曜日※時期により変更することも有
  • 駐車場:有 208台(大型車8台/普通車200台)

このように舞鶴とれとれセンターは
京都府舞鶴市にあります。

日本海に近く海鮮が多く仕入れられることから
国内最大級の海鮮市場もあるお店なんですね。

舞鶴港とれとれセンター
出典:https://twitter.com/Kenny1I/status/797622934432980992

そんなお店は関西各都市から
車やJR・高速バスで訪れることができます♪

今回は京都市からのアクセスをメインに
それぞれのアクセス方法を
じっくりご紹介しますね。

車で訪れるなら?

今回は京都駅前から訪れることを想定して
お話させていただきますね。

1.京都南ICに入る
2.名神高速道路をすすむ
3.大山崎JCTから京都縦貫道路に入る
4.舞鶴西ICで国道に入る

その後は国道27号線をとおり
175号線で曲がると到着します。

舞鶴西ICからの進み方は
以下の地図をご確認くださいね♪

舞鶴西ICからの地図

出典:http://toretore.org/access/

こちらの所要時間は約90分で
総距離はおよそ100kmです!

結構遠いのかな、と思ったのですが
意外と簡単に訪れられそうですね。

料金は普通車で2,520円
ETCを利用する場合2,110円となります!

これ以外にも舞鶴若狭自動車道を通る方法
舞鶴大江ICで国道に入る方法もあります。

中国自動車道を通れば
大阪はもちろん兵庫などの関西各都市から
気軽に訪れられますよ(^^)

もっと詳しく知りたい!という方は
舞鶴港とれとれセンターの公式サイト
ご覧いただければ幸いです!

駐車場は208台(普通車は200台分)と
かなりあるようなのですが
土日になるととても混雑するそう。

できるだけ昼前に到着するように出発すると
イライラせずに駐車できるのだとか。

では、次にJRとバスでのアクセス方法を
ご紹介しますね♪

JR・高速バスでのアクセス方法

JRは京都駅から西舞鶴駅を目指します。

特急を利用するとスムーズに到着します(^^)

「JR特急まいづる」の「東舞鶴行」を利用すると
約1時間半で西舞鶴駅に到着します

こちらだと乗り換えの必要もないので
とっても楽に行くことができますね!

ちなみに料金は2,630円です。

ただし西舞鶴駅から
舞鶴港とれとれセンターまでは
少し離れていて

タクシーに乗る場合は約5分
バスに乗る場合は約10分で到着します。

バスは京都交通のバスで
「とれとれセンター前」で降ります。

合わせて2時間ほどあれば到着するので
簡単に日帰り旅行ができると思いますよ(^^)

そして高速バスは京都交通の
「若狭舞鶴エクスプレス京都号」
というバスに乗車します。

2時間ほどで西舞鶴駅に到着し
そこから徒歩で
舞鶴とれとれセンターを目指します。

こちらのバスは予約制のため
あらかじめ京都交通に電話をし
席を確保することが大切です!

どちらも同じくらいの時間がかかりますが
乗り換えなく訪れることができるので
とっても楽ちんですよ(^^)

ご自身のニーズに合わせて
利用してみて下さいね。

では次に舞鶴港とれとれセンターについて
詳しい内容をたっぷりとご紹介します!

どんなお店なの?中で食べる場所はある?

まずはどんなお店なのかについて
簡単にご説明しますね♪

舞鶴港とれとれセンターとは?

先ほども述べてしまいましたが
舞鶴港とれとれセンターは
なんといっても海鮮市場がスゴイんです!

日本最大級の大きさの市場があり
数えきれないほどの新鮮な海鮮
リーズナブルに購入することができます♪

なかなか他では見られない
レアな海鮮なども豊富で
ここでしか食べられないお魚などもたくさん。

そんなオンリーワンなお店
多く入っているので
とにかく人気なんです!

魚を加工してつくるかまぼこや
ちくわなどを販売するお店もあり
一日いても飽きが来ない
そんな場所になっているんです。

また海鮮市場のとなりには
道の駅もあります。

そこではファーマーズマーケット「あぐり」があり
とれたてのお野菜や果物・お肉などを購入できます。

中には京都伝統の民芸品も発売していて
どれも産直価格
リーズナブルなお値段で買えちゃいますよ!

そしてiCafeという
ほっと一息つけるカフェもあります。

海の幸も山の幸も
気軽にたくさん購入できる上に
休憩もできることから
訪れた方の満足度がとても高いんですよ(^^)

また海鮮市場では
気軽に海鮮料理をいただけるお店もあります♪

次にそんな情報をご紹介しますね!

食べられる場所はどこ?

その場でお食事を食べられるお店は
海鮮市場に4か所あります。

・(株)吉本水産 とれとれ寿司
・海鮮丼ととや
・海鮮れすとらんととや
・海鮮ハウス

以上の4か所です。

とれとれ寿司・海鮮丼ととやは
それぞれお寿司と海鮮丼がメインのお店です。

舞鶴とれとれセンターの海鮮丼
出典:https://twitter.com/yuukihada/status/797641555909611520

海鮮れすとらんととやでは
海鮮丼はもちろん
その他さまざまな海鮮料理を気軽に食べられます。

また海鮮ハウスではとれとれセンターにある
鮮魚店で購入した魚介類を持ち込み
その場で気軽にバーベキューができるという
とっても人気の場所!

まるで自分が魚を釣って
そのまま食べる!なんていう
漁師気分を味わえる場所なんですよ(^^)

どこも入りやすい雰囲気なので
ぜひ気軽に訪れてみて下さいね。

そのほか休憩スペースでは
鮮魚店で購入した海鮮を
その場で食べることも可能です!

というのも鮮魚店でその場で食べられるように
お刺身にしていただけることもあるんですよ。

なのでもし今すぐ食べたい!なんて時は
元気の良い店員さんに気軽に声をかけてみてくださいね。

そんなお魚のおいしさを改めて実感できるからこそ
年間多くの観光客や地元民が
足を運ぶ「舞鶴港とれとれセンター」

では次にそんな海鮮市場で人気のお土産を
たっぷりとご紹介しますね!


スポンサーリンク



おすすめのお土産まとめ

人気なのはやっぱり海鮮♪

中でもたくさんの種類がある
「かに」が大人気です!

その場でいただくこともでき
持ち帰って家でじっくり楽しむこともできます。

京都ならではのかにもたくさんあり
日本海のカニの味をじっくり味わうことができるんです。

舞鶴港のカニ
出典:https://twitter.com/AGmn322/status/807784733451034624

また、舞鶴でしか食べられない海鮮もあり
中でも有名なのは「土エビ」です(^^)

舞鶴のみでとれる土エビ
出典:https://twitter.com/yoshi_0514/status/799806924220829697

こちらも鮮魚店で販売していて
その場でいただくこともできます♪

弾力がたっぷりの新鮮なえびは
あまくてとってもおいしいことで有名なのだとか。

そのほかうにや牡蠣などの
時期によって旬のある海鮮も大人気☆

とてもリーズナブルに購入できるので
ぜひ気軽に楽しんでみて下さいね♪

やっぱり海鮮が一番人気ではあるけれど
京都らしいお漬物や
ちりめん小物などもたくさん販売しています。

中には京都だからこその駄菓子もあり
女性にはとくに人気なのだとか。

一日中楽しめる気軽に訪れられる観光スポットです!

この週末にぜひ遊びに行ってみて下さいね。

まとめ

舞鶴港とれとれセンターは
さまざまな観光スポットがある京都の中でも
元気の良いにぎやかな雰囲気
とっても人気です♪

週末には高速バスや直行バスが
全国から押し寄せるとも言われるほど
関西圏以外からも多くの観光客が訪れます。

そんな雰囲気も楽しみながら
おいしい海鮮に出会ってみて下さいね!

今回もお読みいただき
ありがとうございました。