何年か前のお笑いブームは
すごかったですね!

新しい芸人が出ては消え、出ては消え、

言い方は悪いけど使い捨てみたいに
次々と見たことのない
芸人が出てきていました。

それからお笑いブームもひと段落つき、
ネタ見せ番組もほぼなくなり、

同時に最近では新しい芸人も
あまり出てこなくなり…

と、いうのは全国区のお話。

関西では
お笑いブームがなんぼのもんや
と言わんばかりに

ブームには関係なく、今も昔も芸人が
テレビに出続けています。

今回は、そんな関西ローカルの
テレビ番組について見ていきましょう。



スポンサーリンク



全国放送番組での芸人の立ち位置は?

全国区のテレビ

今では全国放送でも
芸人が司会をすることが多くなり、

同時に芸人主体の番組も
増えてきたような印象があります。

が、それでもやはりイケメン俳優や
アイドルが一緒に出てきてこその
感はぬぐえないですよね。

MCは芸人、
脇で番組を盛り上げるマルチタレント、

それほどコメントしなくても居るだけで
華があるイケメン俳優やアイドル。

最近はアイドルがどんどん前に出てきて
話すようになってきましたが、

基本的な番組進行は芸人さんと
マルチタレントというイメージは

特にゴールデンの時間帯において
まだまだ根強い感じがします。

しかし、全国放送番組の場合は
「司会業」とでも言うべき
名司会者がたくさんいるので、

そういった番組の場合は
司会者、マルチタレント、アイドル

と、芸人枠が無い場合があり、

芸人はあくまでも番組の構成の一部
という考えが見られます。

関西ローカル番組での芸人の立ち位置は?

関西ローカルのテレビ

一方の関西ローカルは
どういう構造になっているのか
見てみると、

MCは芸人、
わきを固めるのも芸人、

アイドルはたまに出ているけど
番組内で話す機会は少ない印象。

マルチタレントとして活躍しているのは

歌手の円ひろしさんや
元バレーボール日本代表の
川合俊一さんなどがいますが、

この二人は芸人より面白いと評判で
番組でもMCに近い立ち位置にいる
特殊な例だと思います。

全国放送が「見た目の華」を
意識した番組作りになっているのに対し

関西ローカルの番組は
見た目の賑やかさよりも

笑い」で賑やかにすることに
重点を置いた作りになっているようです。

そして関西ローカル番組の
もう一つの特徴としては

出演する芸人の息が長いこと。

このあたりはさすが吉本、松竹の
お膝元だなと思うところがあり、

東京芸人のように
一時期は毎日テレビに出ていたのに
急に見なくなったということは無く、

ほとんどの芸人が一度売れれば
長くテレビに出演しています。

全国ブレイクした後関西で地位を確立する人も。

一時期全国放送で大ブレイクし、
今は関西の番組で地位を確立した人で

私が一番に思い浮かべるのは
藤井隆さん。

吉本新喜劇での強烈なキャラで
一気にブレイクを果たし

マシューTVやあらびき団など
多くの番組でMCをつとめ、

グラビアアイドルの乙葉さんと結婚し
一時期ものすごい勢いでしたが、

いつの間にかぱたりと全国放送の
番組に出演しなくなりました。

急に見なくなったので、
干されたかとの噂もありましたが、

今では関西ローカルの人気番組
土曜はダメよ」「日曜もダメよ」で

MCとして大活躍しているので
関西の人からすれば
週に一、二回は見るおなじみの顔です。

関西ローカルで活躍中の藤崎マーケット
さらにお笑いブームのときに活躍した
ラララライ体操の藤崎マーケットなどは

関西では実力派の漫才師として
漫才番組で活躍したり

ロケも上手いと言われているので
バラエティー番組のレポートにも
よく出演しています。


一度売れれば地元に戻って
安定した仕事があるのが
関西ローカルのいいところですね。

少し売れたら毎日のようにテレビ出演し
飽きられたらすぐに消えてしまう

そんな全国放送でありがちのパターンに
怯えなくても関西に帰ってくれば
お帰りといってもらえる、

そんな芸人に温かい雰囲気を
大切にしていきたいものです。