2014年9月末からのNHK朝の連続テレビ小説
「マッサン」に出演が決まった相武紗季さん。

大阪の酒造店「住吉酒造」を経営する
社長の娘という役どころを演じます。

なので台詞も当然大阪弁となるわけですが、

相武紗季さんと大阪弁が結びつかない方も
いるかもしれませんね。

しかし、特に関西ローカル番組では
バリバリの関西弁を話している姿も目にします。

今回はそんな相武紗季さんについて
主に出身地や家族についての詳細を見ていきましょう!



スポンサーリンク



相武紗季のプロフィールや出身地は?

相武紗季さんのプロフィールは

相武紗季のプロフィールや出身地

1985年6月20日生まれ
身長は165cmで
出身地は兵庫県宝塚市

高校生の時に「夏の高校野球PR女子高生」に応募し、

見事選出されて上京するまでは宝塚市に住んでいたので
関西弁で育ってきています。

夏の高校野球PR女子高生と言えば
同じく宝塚の高校に通っていた
木南晴夏さんのデビューのきっかけと同じですね!

木南晴夏は豊中市出身
関連記事:木南晴夏は大阪府豊中市出身!高校は宝塚で中学の時引っ越した?

実は木南晴夏さんが2001年のPR女子高生で
相武紗季さんはその翌年の
2002年に選出されていたんです。

しかも相武紗季さんと木南晴夏は同い年!
デビュー前からこんなに近くで活躍されていたんですね。

相武紗季と関西弁

相武紗季さんは関西弁のイメージが無いかもしれませんが

ごくごくたまに大阪ローカル番組に出演する時は
関西弁で話すことがあります。

以前出演した映画「阪急電車片道15分の奇跡
をご覧になった方からは

「関西弁上手いな」と言う意見がありましたが、
兵庫県出身なので当たり前と言えば当たり前ですね(笑)

ちなみに、「マッサン」の主人公の玉山鉄二さん

「阪急電車~」に出演されて
流暢な(?)関西弁で演じられていました。

玉山鉄二の関西弁は?
関連記事:玉山鉄二の関西弁は自然?出身地は京都?高校時代からイケメン!

相武紗季さんの出身地、兵庫県宝塚市はどんな場所?

宝塚市と聞いてほとんどの人が思い浮かべるのは
「宝塚歌劇団」ではないでしょうか?


阪急今津線宝塚駅に程近い宝塚音楽学校

全国から宝塚歌劇団に入ることを夢見る女性たちが訪れ
まさに宝塚市の代名詞となっています。

この宝塚市で生まれた相武紗季さんも
宝塚歌劇団とは深い関係があります。

その詳細は後ほど!

宝塚市には他にも
漫画の神様として知られる手塚治虫

5歳のころに大阪から引越ししてきてから24歳まで過ごした地
としても知られていて

宝塚大劇場の真向かいに建てられている
手塚治虫記念館には

宝塚の公演と共に訪れる人がたくさんいます。

先ほど紹介した映画
「阪急電車片道15分の奇跡」でも重要な駅として登場した宝塚

かなりの知名度がある場所ですね!

宝塚と手塚治虫さんの関係は有名ですが、
当ブログではあまり知られていない
手塚治虫さんの生誕地、

大阪府豊中市という場所について
フォーカスしてみましたので併せてどうぞ!
手塚治虫は豊中市出身
関連記事:手塚治虫の出身地~大阪府豊中市を探る!漫画の神様の原点とは?

相武紗季と宝塚歌劇団の関係は?

タイトルでバレバレですが
相武紗季さんと宝塚には深い関係があります。

それは
家族が宝塚歌劇団出身だということ。

その家族とは母親と姉のことで、
母親は62期生の娘役、朱穂芽美さん
相武紗季の母朱穂芽美(宝塚時代)

姉は87期の娘役で今も現役で活躍されている
音花ゆりさんだそうです。
相武紗季の姉音花ゆり

朱穂芽美さんと音花ゆりさんは輪郭がそっくりですね!

相武紗季さんも丸顔の部類には入りそうですが

母姉に比べると少しほっそりしている印象です。
相武紗季さんは父親になのかもしれません。

宝塚は倍率が高い難関学校!

宝塚歌劇団に入る為に入学する宝塚音楽学校は
毎年倍率が20倍を超える超難関学校ですが

母子揃って入学を果たしたというのはすごいですね!

しかも姉は宝塚、妹は超有名女優と言う
芸能一家ということのようです。


そんな家庭に生まれ育ってきた相武紗季さん。

朝ドラに出演となると
今後さらに女優として注目を集めそうです。

今記事を書いている時点ではまだ登場していませんが
どのような演技を見せてもらえるのか楽しみです!