突然ですが、皆さま
感覚ピエロというバンドをご存知ですか?

筆者は、知ったのは最近なのですが
調べてみると、大阪で結成されたバンドなんですけど
これまでのプロセスが凄いんです!

これから更に売れていきそうなバンドなので
今回調査してみました!
是非ご覧下さい。


スポンサーリンク




感覚ピエロってどんなバンド?

感覚ピエロ

男性4人組のロックバンドで
2013年の7月に結成されました。

ここからが凄い!と思ったところなんですけど
なんと
バンド結成直後に自主レーベルを設立し
レコーディングや活動まで
すべてセルフプロデュースなんです!

アルバム5枚は全て
ライブと通販のみの販売で5000枚を超え
自主企画のフェスも全公演sold out
その他のフェスも入場規制を超えてしまうなど
とても人気のバンドなんです。

自主レーベルでここまで売れるなんて
凄いことだと思いませんか?

メンバーは一体どんな方達なんでしょうか?

メンバーのプロフィール

出身校などもわかる範囲で調べてみました!

横山 直弘(よこやま なおひろ)/ボーカル・ギター

作詞・作曲、レコーディングエンジニアまで
担当しているとのこと!

1992年5月30日生まれで
まだまだ若いのに…凄い!

横山さんは北海道岩見沢市出身
中学、高校は
北海道の立命館慶祥中学、高校学校を卒業。

出身大学は、何と立命館大学理工学部!
なるほど、多才な訳がわかりますね。

秋月 琢登(あきづき たくと)/ギター

1990年9月27日生まれ、大阪出身です。
残念ながら出身校は公表されていません。

自主レーベル、「JIJI RECORDS」の代表です。
こちら、2017年4月からは
「JIJI RECORDS」は、「JIJI INC.」となり
次世代のアーティストやクリエイターなどを
創出していく予定だとのことです。

横山さんに劣らず凄い才能ですよね!

滝口 大樹(たきぐち だいき)/ベース

1991年2月8日生まれ、大阪出身です。
好きなアーティストはaikoと

感覚ピエロだけでなく、
シンガー・ソングライターのカヨコさんの
ベースも担当されています。

バンド結成の際は、他バンドにいたところを
秋月さんに声をかけられ
こちらに移られたそうです。

詳細情報は残念ながら
公開されていませんでした。

西尾 健太(にしお けんた)/ドラム

1987年9月16日生まれで、大阪出身。
感覚ピエロのメンバー最年長です。

秋月さんがかつていた前身バンドから
感覚ピエロのメンバーになったそうです。

アニメ、フィギュアを愛して止まないんだとか。
スポーツ、ラーメンなど
幅広い趣味をお持ちのようです。

あとは鍛え上げられた筋肉!
Twitterにもあげられてるみたいですが
かなり仕上げられています(笑)

まだ全然お若いのに既に凄い経歴をお持ちだったり
メンバーの多才ぶりがこれだけでも伺えますね!


スポンサーリンク

押さえておきたいオススメ人気曲!

ここからは、感覚ピエロの人気曲を
ピックアップしてご紹介していきますね。

拝啓、いつかの君へ

2016年の日本テレビ系ドラマ
「ゆとりですがなにか」の主題歌でした。

筆者も大好きな曲なんですが、初めて聴いた時
サビ終わりの、「あんたの正義は一体なんだ?」
という歌詞のところが何故か響いてきて
ちゃんと聞いてみると、歌詞もサウンドも
とてもかっこいい曲がなので、オススメです!

O・P・P・A・I

タイトル通りです(笑)
ひたすらOPPAIのことを歌っている曲です。

感覚ピエロの曲の中で代表曲と言っても
過言ではないのではないでしょうか。
下ネタなのに、ロックでクールな
仕上がりになっていて
何故かもう一度聴きたくなってしまう…

是非聴いてみて下さい!

メリーさん

都市伝説のメリーさんがテーマなんてすが
MVもシンプルでかっこ良い!
メロディも展開もかなり派手な作りになってて
最後はちょっと怖いかも…です!

ギターサウンドが最高ですよ!

疑問疑答

2017年6月10日から公開される
「22年目の告白 -私が犯罪者です-」の主題歌
です。
2017年5月31日に
2曲入りCD、「あなたの世界は、何色か?」
が、レンタルショップ限定でレンタル開始されています。

映画のために書き下ろされていて
歌詞は、どの登場人物にも当てはまるような
それぞれの世界観が描写されていて
サウンドも、映画に合わせてかなりヘビーな
仕上がりになっているようてす!

是非映画も合わせて聞いてみたいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだ結成されて間がないバンドですが
メンバー皆さんの多才ぶりや
個性的な世界観が既に人気なので

映画やドラマでもっとタイアップされると
ますますこれから名を馳せるバンドに
なっていくこと間違いない!
と、筆者は思います。

皆さまも是非、聴いてみて下さい!