みなさん、こんにちは。
青春18きっぷをご存知でしょうか?

JRを利用される方なら、ポスターが駅に掲示されるので
名前は知っている、という方も多いのではないでしょうか?

今回は青春18きっぷの紹介と、これを使った日帰り旅について紹介しましょう。


スポンサーリンク



青春18きっぷとは?新幹線や特急も使える?

青春18きっぷとは、JRの在来線が1日乗り放題になる切符の事をいいます。
詳細は下記の通りです。

【発売期間・利用期間】

  • (春季用)発売期間:平成28年2月20日(土)~平成28年3月31日(木)
         利用期間:平成28年3月1日(火)~平成28年4月10日(日)
  • (夏季用)発売期間:平成28年7月1日(金)~平成28年8月31日(水)
         利用期間:平成28年7月20日(水)~平成28年9月10日(土)
  • (冬季用)発売期間:平成28年12月1日(木)~平成28年12月31日(土)
         利用期間:平成28年12月10日(土)~平成29年1月10日(火)

【おねだん】
5枚綴り
11,850円(おとな・こども同額)

【利用条件】

  • 1枚のきっぷを1人で5回までご利用いただけるほか、
    5人で1回などのグループでのご利用も可能です。
  • 1人1回あたりの有効期間は乗車日当日限りです。

JR東海 HPより引用

利用できる電車は在来線のみになります。

新幹線や特急券の必要な特急電車には
一部の特例区間を除き乗車できませんのでご注意下さい。

青春18きっぷの派生商品として、
「秋の乗り放題パス」
「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」というものも
18きっぷの発売の無い、秋に発売されています。

ちなみに、2016年の発売期間と利用スケジュールは下記の通りです。

「秋の乗り放題パス」

  • 発売期間:9月19日から10月16日まで
  • 利用期間:10月3~18日の連続する3日間
  • 価格:大人7,710円、こども3,850円

「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」

  • 発売期間:9月19日から10月16日まで
  • 利用期間:10月3~18日のうちの1日間
  • 価格:大人3,000円、こども1,500円。

尚、青春18切符とは微妙に仕様が
異なりますので、ご利用にはご注意下さい。

18切符で行く!関西からの日帰り旅行

それでは、実際に青春18切符を使って
関西からどこへ行けるのかをご紹介しましょう。

普通電車でしょ?て思ってるあなた。
意外に遠くまで行けるんですよ!

ちなみに、「18きっぷ」でどこまで行けるか、
を調べるには「乗り換え案内」のHPにある
「青春18きっぷ検索」が便利です。
http://www.jorudan.co.jp/

ちなみに、下記の日程は2016年9月現在の休日ダイヤに基づいています。

金沢

  • 大阪05:55発 → 11:41着 乗換3回(長浜、近江塩津、福井)
  • 金沢18:30発 → 23:59着 乗換4回(福井、敦賀、近江塩津、京都)
  • 現地滞在:7時間 
  • 片道交通費:4,750円

ご存知、北陸の小京都
北陸新幹線の開通により、関東からのお客さんも激増しており、
宿がなかなか取れないそうです。

そんな時こそ日帰り旅行ですよね。

加賀百万石で名高い金沢城
日本海の海の幸を堪能できる近江町市場
そして、日本三名園の一つ兼六園を巡ってみましょう。

観光地が比較的密集しているので、
1日で巡りやすい街だと思います。

鳥取

  • 大阪05:55発 → 12:07着 乗換3回(福知山、豊岡、浜坂)
  • 鳥取17:23発 → 23:31着 乗換5回(浜坂、豊岡、和田山、寺前、姫路)
  • 現地滞在:5h 
  • 片道運賃:4,430円

山陰のフルーツ王国、鳥取です。
秋には二十世紀梨が旬を迎えています。

梨だけでなく、海の幸も豊富です。
漁港やローカルな回転寿司屋で
信じられないくらい新鮮な魚介類に出会えます。

締めに鳥取砂丘を巡って、ポケモン探して帰ってきて下さい。


スポンサーリンク



岩国

  • 大阪05:00発 → 12:37着 乗換3回(西明石、姫路、糸崎)
  • 岩国17:48発 → 00:23着 乗換4回(糸崎、福山、岡山、姫路)
  • 現地滞在:5h
  • 片道運賃:6,260円
  • 岩国といえば錦帯橋が有名です。

    山口県が日帰り圏内だという事は、
    同一路線上にある広島安芸の宮島
    当然日帰り圏内ですよね。

    錦帯橋を見て、宮島を見て、お好み焼きを食べる
    のは、ちょっとスケジュール的に厳しい
    かもしれませんが、どれか二つは
    確実に実行できる事でしょう。

    めでたく優勝した広島カープの
    クライマックスシリーズ
    見に行くのも良いかもしれません。
    日帰りは無理ですけどね(笑)

    熱海

  • 大阪05:00発 → 12:41着 乗換5回(京都、米原、浜松、島田、沼津)
  • 熱海17:09発 → 00:22着 乗換4回(浜松、豊橋、米原、野洲)
  • 現地滞在:4.5h 
  • 片道運賃:7,340円
  • へはどこまで日帰りで行けるのか?
    現地を散策する時間を加味すると、ここ熱海が
    最東端と言っていいでしょう。

    温泉地といえば熱海ですよね。
    昭和の香り漂う温泉街を散策して
    足湯や日帰り温泉なんかも良いのではないでしょうか?

    そして、熱海が日帰り圏内だということは、
    駿府城公園で有名な静岡や、
    浜名湖のうなぎで名高い浜松
    名古屋めしで注目の名古屋なんかも
    余裕で日帰りが可能だという事です!

    まとめ

    行ってみたいところにふらりと行けるのが
    日帰り旅行のメリットですよね。

    上で紹介した4地点以外にも
    行ける場所がたくさんあります。
    思い立ったら、是非、青春18切符で
    ふらりと訪れて見てください。

    新たな発見が待っているはずです。