ニュースを聞いて
驚いた方も多いのではないでしょうか。

関西国際空港から大阪府を中心に全国へ
麻疹の症状が広がっています。

「怖い」と思っている方も
多いかもしれませんが

まずは何よりも
症状や感染経路
予防方法や予防接種について
しっかりと知りましょう

今回はそんな麻疹についての
情報をしっかりとお届けします。

まずは症状や感染経路からお話します。


スポンサーリンク



麻疹(はしか)の症状や感染経路

まずは麻疹の症状です。

麻疹の症状

最初の2~3日は
風邪のような症状が出ます。

熱が高くなったり咳や鼻水が出てしまい
目ヤニも出やすくなるようです。

熱は大体38℃ほどまで上がりますが
感覚ではいつもの風邪よりも
なんだか重いなぁ

思ってしまうそうです。

その熱が下がったのち1~2日経つと
口の中に白い斑点が出始めます。

麻疹のコプリック斑
出典:http://www.miyake-naika.or.jp/13_medemiru/kodomo_hashika.html

画像だと少しわかりにくいのですが
この白い斑点はコプリック斑と呼ばれ
これが出る事が麻疹の症状の特徴です。

そんな麻疹の症状は
多くても2週間ほど現れます。

ただし大人の場合は
さらに長引く可能性もあるので注意
です。

そして恐ろしいのは合併症

中耳炎や脳炎・肺炎などを
引き起こしてしまうと
最悪の場合死に至る場合もあります。

これは5歳までのお子様と
20歳以上の大人がかかりやすいそう
です。

もし今なんだか風邪っぽいと感じたら
まずは病院に行き
医師の診断を受けましょう!

では次に
麻疹の感染経路についてお話します。

麻疹の感染経路は?

恐ろしいことに麻疹のウィルスは
空気中で感染してしまうのだとか!

また手や体に触る
口をつかって話すだけでも
感染する場合
があります。

麻疹は自覚症状として
「風邪だ」と思ってしまうため
自分が麻疹にかかっているとは
あまり思わないそうです。

そんな感染元となってしまった方は
関西国際空港に訪れた
麻疹が流行している中国の方なのでは?
と報道されていますが

そこから関空の従業員や
医療関係者などにまで
広がってしまったそうです。

麻疹が広がる関西国際空港
出典:http://guesthouse-hostel.com/peach-how-to-checkin/

このように感染しやすい病気の中でも
一番感染力が強いのが麻疹です。

だからこそ
今この記事を読んで下さっている方には
絶対にかかってほしくない!
と思っています。

次は予防方法と
予防接種についてをご紹介します。

予防法は?予防接種が必要な年齢は?

まずは予防方法です。

麻疹の予防方法

感染力の強い麻疹は、まずはマスクで
絶対に空気中のウィルス
体に入れないようにしましょう!

マスクのつけ方にもコツがあり
隙間が空かないように着ける必要
があります。

正しいマスクのつけ方
出典:http://www.medicom-japan.com/special/mask.html

特にメガネをかけている方などは
隙間が空いてしまう場合があるので
気を付けましょう。

そして、こまめに手洗い・うがいをし
手の消毒液も持っておいた方が
良いかと思います。

ただここまでしても
強い強い感染力を持つ麻疹を
防ぎきることはできません

だからこそしてほしいのが
「ワクチン(予防接種)」です!

次にそんな予防接種についてお話します。

麻疹の予防接種について

麻疹に効果があるのは
風しん・MRワクチンです。

風しんとはいきなり
熱と発疹を起こしてしまうもので
麻疹ほどの感染力は無いけれど

風邪のような症状が強く出て
体中に赤い発疹が起きてしまう
という病気
です。

MRワクチンとは風しんと麻疹
どちらもを予防することのできるものです。

ただしワクチンを接種しても
麻疹にかかってしまう場合がありますが

「重症にはならない」ことが
一番のメリットです。

大人は1回では効かない場合もあり
2回の予防接種が必要
です。

そして現在のように
関西を中心に感染が広がっている場合

生後6か月以降からなら
誰もがワクチンを受けられます。

ただしアレルギー体質など
ワクチンに合わない場合もあるので
医師との相談が必要です。

出来るだけ早くかかりつけのお医者さん
相談をしてみましょう!

今、かかりつけの病院が無いという方は
次にご紹介する病院で
ワクチン接種を受け付けているので
ぜひ参考にして下さい。


スポンサーリンク



関西で予防接種が受けられる場所はどこ?受付方法は?

今回は関西地方の病院をご紹介します。

関西の地域で
予約をすれば予防接種のできる
病院の詳しい内容・受付方法は

他サイト様のPDFファイルの
リンクを貼らせていただきます。
※現在リンク切れ。

こちらではそれぞれに病院の情報や
受付方法・予防接種に関する情報が
記載されている
ので

予防接種を行う前に
是非ご一読下さいませ。

ただし20歳以上の方が
予防接種を受けられるかどうか

確認する場合は

「成人へのワクチン接種」が
「可」になっているか
をご確認下さい。

こちらが空白の場合は
20歳以上の方が
予防接種をすることはできません

ただし限定していたり
可能でも注意事項がある場合もあります!

まずはお近くの病院が
成人以上が「可」かどうかだけでも
ご確認下さいね。

まとめ

私もニュースを聞いて
とても驚いたのですが

調べてみると
麻疹は感染症の中で
一番の強い感染力
を持つんだそう。

そして体内にウィルスが入っても
潜在期間が長く気づきにくいのです。

そのためできるだけ早く
予防接種を受け

万が一かかってしまったとしても
重症にならないようにしましょう!

また、これ以上の被害が広がらず
落ち着いていくことを
心から願っています。

もし不安に思っている方がいたら
今すぐにでも
お医者様に相談してみて下さいね。

今回もお読みいただき、
ありがとうございました。