昔は本屋さんで立ち読みしてると

渋い顔をしたおっちゃんが
ハタキを持って目の前で
パタパタやられたもんですが

数年前から店内に椅子やソファを置いて

立ち読みどころか
座って読んでくださいという雰囲気
本屋さんが増えてきましたね。

そして、さらに最近では
座り読みの究極系?とも言える

ブックカフェというお店が
見られるようになってきました。

ブックとカフェのお店とは
いったいどんな場所なんでしょうか?

内容を見ていくことにしましょう。



スポンサーリンク



ブックカフェとは買った本を読む場所じゃない?

ブックとカフェ?買った本を読めるの?

本屋の隣に喫茶店があるお店なんて
今でもたくさんあるし、
別に新しくないんじゃない?

と思われるかもしれませんが、
このブックカフェ、
買った本を読む場所ではないんです。

買った本を読んじゃいけない、
というわけではないようですが

主な利用方法は、コーヒーを飲みながら
購入前の本を読んで選ぶこと。

なんじゃそりゃ??
な感じですよね。

買ってない本を
カフェでくつろぎながら読めるなんて、
にわかには信じられません。

ブックカフェの楽しみ方は?

具体的にはどう利用するのでしょうか。

まず、お店に入るとそこには
おしゃれなカフェ空間が広がります。

しかし、普通のカフェと違うところは
大きなラックがあり、
そこにたくさんの本が並んでいる事。

カフェの後ろに本屋さん
この本がすべて商品なんです。

まず飲み物か軽食を注文し受け取った後
気になる本を手にとって席につき

後は普通のカフェで読書を楽しむ感覚で
本を読むだけ。

本はもちろん新品で、
気に入れば購入することが出来ます。

コーヒーをこぼしちゃたらどうするの?

そんな優雅なひと時を楽しみながら
本選びが出来るブックカフェですが

一つ気になるのが
「購入前の本に万が一コーヒーでも
こぼしちゃったらどうなるの?

という事じゃないでしょうか?
ブックカフェでコーヒーをこぼすとどうなる?

商品の破損について、店員さんは

「できるだけそういうことが無いように気をつけています」


とおっしゃっています。

ただ、いくら店員さんが気をつけても

どうしてもやっちゃった><
って時がありますよね。

そのときの対応は
お店によって違うんでしょうが

「古本として販売するか、読めないほどだったら破棄するかも」


とのこと。

とはいえ自分の不注意でお店の商品を
だめにしてしまったわけですから

今後も気持ちよくお店を利用する為にも
個人的には弁償したいところです。

梅田やなんばにはどんなお店があるの?

購入前の本を読書しながらコーヒーが飲める

そんな店員さんもおおらかな
ブックカフェですが、

すでに大阪には多くのお店があります。

大きいものから小さいものまで見ていくと
数十店舗ほどあるので

今回はチェーン展開をしていて
初心者でも気軽に入ることができる
雰囲気のお店を2つだけ紹介します。

スタンダードブックストア


心斎橋店


茶屋町店

広い店内に書籍が多く置かれていて
カフェと書店の区切りがわかりやすいく
初心者でも安心して楽しめます。

天王寺のあべのHOOPにも
オープンしているそうです。

スターバックスコーヒーTSUTAYA EBISUBASHI店


有名店のスターバックスと
ツタヤがコラボしたブックカフェ

戎橋筋と道頓堀という繁華街なんばでも
一番人通りの多い場所に出店していて

誰でも入れる馴染み易い雰囲気ですが、

休日はお客さんの回転が速い割には
朝から晩まで満席なので
ちょっと落ち着けないかもしれませんね


ということで、
今回は大阪でも流行りつつある
ブックカフェについて見てきました。

紹介した店舗以外にも
内装にこだわったおしゃれなお店や

本の内容にこだわった読書ファンには
たまらないラインナップのお店など

色々なお店がたくさんありますので

あなたのお気に入りのお店も
きっと見つかるはずです!