皆さん、疲れてませんか?
私だけですか?(笑)

疲れた日には、キレイな花を見ると少しは癒やされますよね。
今回は梅田に誕生した期間限定の植物園、
その名も「うめきたガーデン」をご紹介したいと思います。

開催期間や感想、アクセス情報を一挙にご紹介いたします。
癒やしがほしい方も
そうでもない方も、
ぜひぜひご覧下さい。


スポンサーリンク



うめきたガーデンの感想は?

まずは、うめきたガーデンの概要
行かれた方の感想を調べてみました。

うめきたガーデンとは?

うめきたガーデンはJR大阪駅の北エリア、
グランフロントなどが立ち並ぶ再開発区域に
開設された都市型植物園です。

「うめきたガーデンII」と名付けられ、
2016年10月7日~2017年3月20日に開催された
前回を上回るスケールで催されています。

「欧風オールドビレッジ」と呼ばれる、
ヨーロッパの古い町並みを再現したフラワーガーデンや、
メインガーデンには滝が流れる仕掛けで
見る人たちの目を楽しませてくれそうです。

うめきたガーデンの感想

さて、それでは行かれた方の感想をいくつかピックアップしてみましょう。

駅近五分の植物園でアクセスは抜群です


グランフロントのついでに訪問してみました。可愛いお花畑に癒やされました!

キレイな花を見ると皆さん癒やされるみたいですね~
ただ、ちょっと狭い、という感想もありました。

グランフフロント大阪北館のテラスガーデンから、
うめきたガーデンの全景が見えるそうなので、
あらかじめ、大きさを把握してから訪れるのが良いでしょう。

植物園とはいえ、都心のど真ん中ですから、
それほど広大なスペースは確保できなかったみたいです(^_^;)

開催期間や料金は?

続いては、うめきたガーデンの開催期間や料金をご紹介します。

  • 開催期間:2017年3月28日(火) ~ 9月24日(日)
  • 開場時間:午前10時~午後5時(入場は4時30分まで)
  • 入場料: 一般(大学生以上)1,000円 / 小・中・高生500円

こんな感じになっています。
入場料の妥当性については、賛否あるみたいですが
ま、実際に行ってみてから評価したいと思います。


スポンサーリンク



駐車場は周囲にあるの?

さて、続いては、うめきたガーデンの駐車場情報やアクセスです。
近くには、ヨドバシカメラさんやグランフロント大阪が
あるので駐車場はありますが、
大阪駅のすぐ近くという事を考えると、
公共交通機関の利用をおすすめします。

徒歩でのアクセスは、感想にもありましたが
駅から五分と抜群の立地になっています。

大阪(梅田)駅に着いたらまずはグランフロント大阪を目指しましょう。
うめきたガーデンの入り口は、グランフロント大阪北館
梅田スカイビル方向にあります。

わからなければ、北館九階にあるテラスガーデンに出れば、
方向はつかめると思いますよ。

まとめ

以上、うめきたガーデンについてご紹介いたしました。
開催期間はあと3ヶ月は残っていますが、
意外に行きそびれてしまったりするものです。

梅雨が始まる前に是非、ご訪問してみてください。
きっと新しい発見と癒やしがあるはずです。