ついに受付が始まりました
2015年、第5回大阪マラソン

まだまだ歴史は浅いものの、
東京マラソンに次ぐ規模
多くのマラソンファンから
注目されている大会ですね。

そんな大阪マラソン、
参加してみようと思う人にとっては

  • みんなどれぐらいで完走するの?
  • 制限時間はある?
  • コースはどこを走るの?

といろいろ気になることが
あるんじゃないでしょうか。

そこで今回は大阪マラソンについて
詳細を見ていきたいと思います。

それでは早速いってみましょう!

大阪マラソンの開催期間は?スタートは何時から?

大阪マラソンは抽選制
大阪マラソンは
毎年秋の10月に開催されます。

2015年は10月25日の日曜日
スタートは朝の9時からです。

一般ランナーの定員は3万人ですが、

4月6日の受付開始当日には
すでに応募申し込みが3万人を超え、
参加は抽選となるようです。

応募締め切りは5月8日までなのに
一日で定員を超えるなんて
かなりの人気ですね!

平均タイムと足切りの制限時間を確認

大阪マラソンは大混雑
マラソンといえば気になるのが
平均タイムと制限時間。

平均タイムについて、
色々な所から集めた情報をまとめると

フルマラソン全体で「4時間35分31秒」
東京マラソンが「4時間37分16秒」

そして、
大阪マラソンは「4時間37分32秒
とのことでした。

ただ、年によって変わるので、
大体4時間30分代後半ぐらいが平均
といった感じでよさそうですね。

そして一番気になるのが制限時間。

大阪マラソンには
9箇所のチェックポイントがあり、
それぞれに制限時間(関門時間)が
設けられています。

それぞれの制限時間を見てみると

5.3km地点 10:18 (1時間18分後)
10.5km地点 11:05 (2時間5分後)
13.8km地点 11:35 (2時間35分後)
20.0km地点 12:30 (3時間30分後)
26.4km地点 13:28 (4時間28分後)
30.6km地点 14:06 (5時間6分後)
34.2km地点 14:38 (5時間38分後)
38.2km地点 15:14 (6時間14分後)

1kmを9分代前半で走れば
クリアできるタイムなので
余裕を持って走れそうですね。

大阪マラソンのコースは?

大阪マラソンのコースは
毎年ほぼ同じです。

大阪城公園の前から外周を走り
森之宮まで、

そこから南に下り鶴橋付近から
なんばに向かいます。

難波から御堂筋を北に進み淀屋橋へ。

チャレンジランの参加者は
この淀屋橋でゴールです。

一般ランナーは淀屋橋から
淀川沿いに走り大阪城北側の
片町から再度淀屋橋を通り、
なんばまで折り返します。

なんばから大正、千代先橋まで走り
そこからまたなんばまで折り返し。

大阪マラソンの応援はなんば交差点が人気
なんばは合計3回通過するので
大阪マラソンの中でも1、2を争う
応援スポットになっています。

そこからは途中通天閣を眺めながら
ひたすら南に走り、

住之江公園からフィニッシュの
コスモスクエア方面に向かいます。

そしてインテックス大阪でゴール。

このように途中

  • 大阪城
  • 国立文楽劇場
  • 御堂筋
  • 大阪市役所&日本銀行
  • 中之島公会堂
  • 京セラドーム大阪
  • 通天閣

といった

大阪の観光名所を
見ながら走ることが出来るのも
大阪マラソンの醍醐味ですね!

また、走っている最中には
大阪ならではの食べ物が楽しめる「エイド」
もあるので、

それを楽しみにしている
参加者も多いそうです。

まとめ

ということで今回は、10月開催の
大阪マラソンについてみてきました。

歴史が浅いとはいえ
日本最大級の規模で行われる
大阪マラソン。

参加するのもよし、
応援するのもよし。

マラソンにあわせて様々なイベントも
開催されます
ので、観光にもよし。

走る人も走らない人も
みんなが楽しめると思います!