みなさん、こんにちは。

ハガレン
、でピンとくる人はなかなかの漫画好き、と言えるでしょう。
今回はハガレン展、こと鋼の錬金術師展についてご紹介いたします。

鋼の錬金術師は、2001年から2010年まで
「月刊少年ガンガン」誌上で連載された漫画作品です。

連載終了から七年経った今も、人気は高く
山田涼介さんを主演とした実写映画も、
2017年12月に公開されます。

そして、映画公開に合わせて、
漫画「鋼の錬金術師」の原画展が大阪
開催されることとなりました。

前フリが多少長くなりましたが、
今回は「鋼の錬金術師展」についてご紹介したいと思います。
「鋼の錬金術師展」の概要やチケット、混雑情報
そして、オリジナルグッズも調べてみましたので、
最後までお付き合いいただければ幸いです。
それでは、どうぞ。


スポンサーリンク




鋼の錬金術師展(大阪)の概要は?混雑はどれくらい?

まずは、鋼の錬金術師展の概要と混雑状況を調べてみました。

公式ホームページより
会期:2017年11月3日(金祝)~30日(木)
28日間(休館日なし)
【平日】10:00~17:00 /
【土日祝】10:00~17:00/(最終入場:閉館の30分前)
会場:大阪南港ATCミュージアム 大阪市住之江区南港北2-1-10
アクセス:地下鉄
南港ポートタウン線「トレードセンター前」駅 / 「中ふ頭」駅 下車
アクセス:阪神高速
湾岸線「南港北出口」または「南港南出口」(泉南・和歌山方面)

ハガレン初の原画展と題されて
開催されている今回の展示会ですが、
開催期間が一ヶ月と、随分短いのが少々残念です。

続いて、混雑状況ですが、
こうしたイベントのお約束として、
土日は当然混雑します。

大阪会場は、まだ始まったばかりなので、
混雑に関するTwitterなんかは少ないようですね。
ただ、東京で開催されていたハガレン展の様子を見てみると、
会期末には会場に入るのに行列、物販コーナーでも行列
もはや一日仕事の混雑状況だったようです。

私を含め、そうはなりたくない方は、
平日の午前中に行くことをオススメします。

平日午前であれば、会期末でも比較的、
ゆっくり鑑賞できる時もあるようです。
ま、保証の限りではありませんが(笑)

くれぐれも会期末の土日の午後には
行かないようにしましょう。
大混雑の保証はできますよ!

前売り券はある?音声ガイドは誰?

続いてはチケット情報です。
価格はこんな感じになっています。

<入場券>

  • 一般・大学生 1,500円
  • 中高生 1,200円
  • 小学生以下 1,000円

<音声ガイド付き入場券>

  • 一般・大学生 2,100円
  • 中高生 1,800円
  • 小学生以下 1,600円

お得な前売り券は残念ながら、
すでに発売を終了しています。

安いチケットで入場したい方は、
金券ショップを覗いてみるのも良いでしょう。

先日、所用で大阪の金券ショップに行った時、
ハガレン展のチケットを探してみたところ
1300円で売られていました。

前売り券を探して、金券ショップを巡るのは時間のムダなので、
あったらラッキー程度に考えるのがよろしいかと存じます。

そうそう、会場では音声ガイドがレンタルできます。
一回600円と有料ですが、
本作の主人公エドとアルのエルリック兄弟の音声で案内してくれるのです。

ここでしか聴けない録り下ろしのガイドなので、
ファンなら迷わずレンタルすべきですね!


スポンサーリンク

オリジナルグッズをご紹介!

最後に、ハガレン展オリジナルグッズをご紹介しましょう。

公式パンフレット(1500円)は定番ですね。

高価なものでは、
作者「荒川弘」女史のサイン入り複製原画(五万円〜)
なんてものも販売されています。
私には手が出ませんが、熱烈なファンなら購入されるんでしょうね。

ちなみに、大阪開催から遡ること二ヶ月
9月16日から10月29日まで、東京ドームシティでも、
ハガレン展が開催されていました。

東京展では、販売されていなかったアイテムが
いくつか、販売されていますので、ご紹介します。

・メタリックポーチ/価 格:各¥1,940/(エルリック兄弟/ロイ&リザ )
・ペンケース/価 格:各¥1,290/8種
‪・ミニタオル/価 格:各¥750/4種

実用的なグッズとしては、手帳型のスマホケース(合皮製¥4,900)なんかも
個人的にはいいな、と思います。

作中に出てくる、エドの銀時計(LIMITED EDITION)のレプリカも
記念品的には良いかもしれません。
値段がなかなかいたしますが(笑)
価 格:¥10,000

まとめ

以上、鋼の錬金術師展についてお届けいたしました。
連載中ならまだしも、連載終了後から七年経って
映画化される漫画作品、というのはなかなか異例です。

それだけファンが多く、根強い人気を誇る作品だ、
ということがわかるでしょう。
今回の鋼の錬金術師展は、ハガレンをご存知の方も、
そうでない方も、楽しめる展示会になっています。

ちなみに、11月18日以降は、
展示の入れ替えがあるそうで、
一度行かれた方も、もう一度楽しめる展示になっています。

映画やこの展示会をきっかけに、ハガレンを知った方には、
リバイバル連載と題して、ガンガンオンラインでも
鋼の錬金術師が掲載されていますので、ご覧になるのも良いと思います。

それでは、またお会いしましょう。