ふるさと納税がいま、
静かにブームを起こしています。

2008年にスタートし、
その知名度を一気にあげたのが
2011年の東日本大震災です。

復興支援として多くの人が
この制度を活用しました。

ふるさと納税が話題になった
もうひとつの理由は、
その地域の自治体から特産品が
特典として送られてくること。

しかし、これといった
特産品のない大阪に
魅力的な特典があるのでしょうか?

大阪で人気なのは池田市と泉佐野市
その人気の秘密を探っていきます。



スポンサーリンク



ふるさと納税とは?大阪府以外の人でも納税できる?

ふるさと納税とは、
好きな自治体を応援する寄付金。

地方間の格差や過疎などによって
「税収が少ない」と悩む地方自治体に
お金が流れる仕組みをつくった制度です。

だから、寄付をするのは
自分が住んでいる場所じゃなくても
かまいません。

故郷や思い入れのある場所、
興味のある地域の自治体にも
寄付することができます。

ふるさと納税はどこの自治体にでもできる

寄付金を通じて
地域の人を応援すれば、
お礼の特典を通じて
その地域だけの魅力も知れます。

逆に言うと、全国のみなさんに
自分たちの自慢の特産品を
PRできるチャンスになりますよね。

2,000円以上の寄付をすると
確定申告の際に住民税が減額され、
所得税から還付されるのも特徴。

2015年4月1日より
住民税の控除額が2割拡大したので
さらに関心をもつ人が
増えるでしょう。

池田市の人気はインスタントラーメン!

大阪府池田市と言えば、
今や「世界食」となった
インスタントラーメン発祥の地です。

1958年に世界初のインスタントラーメン
チキンラーメン」を、
1971年には世界初のカップ麺
カップヌードル」を発売。

大阪府池田市のふるさと納税はインスタントラーメン

日清食品の創業者、安藤百福が、
池田市の自宅の裏庭に立てた小屋で
研究を重ねて発明されたのです。

池田市の観光スポットとしても有名な
インスタントラーメン発明記念館」は
その発明記念として設立されました。

観光帰りの人たちが手にぶらさげている
お土産のオリジナルカップヌードルを見ると、
大阪の人間としてなんだか
誇らしい気持ちになります。

何の特産物も自慢できない大阪の
唯一、世界でひとつだけの発明品。

そのインスタントラーメンが
特典として人気があるのは
喜ばしいことですね。

泉佐野市で人気!ピーチエアラインの還元率は?

関西国際空港のある泉佐野市。
2013年3月にデビューした
格安航空会社「ピーチ」
話題になりました。

2015年には
関西国際空港を拠点とした
国内線9路線、国際線5路線まで
拡大しています。

その泉佐野市の特典は
ピーチポイントギフトです。

ピーチは関空のみ

「ピーチポイント」とは、
ピーチの運賃や料金、
それらに付随する税金や手数料の
支払いに利用できるポイントです。

国内線をよく利用する方や
韓国・香港・台湾への
出張や旅行をする方には
うれしい特典ですね。

ピーチポイントギフトの
さらにお得なところは
還元率の高さ。

たとえば、1万円の寄付をすれば、
「ピーチポイントギフトC」の
ピーチポイント5,000円分
発行されます。

還元率はなんと50%!!

そのお得さが人気につながり、
寄付金が集まれば
また路線が増えるかもしれません。

まとめ

ふるさと納税が注目されてきたのは、
特産品がもらえることだけではありません。

震災後、全国からの支援を集められたことが
大きいように思います。

口永良部島の噴火後にも
お見舞いとして申し込みが増えているそうで、
日本の助け合いの精神はやはり偉大ですね。