大阪には所見では読めない地名や駅名がたくさんあります。

そこで大阪についての情報を扱う当サイトでは
大阪の難読地名、駅名にスポットを当て
由来や歴史について紹介してきました。

それらの記事を一覧にまとめましたので
ご覧ください。

※これからもどんどん増やしていきます!



スポンサーリンク



大阪の難読地名や駅名の読み方や由来

まずは地名から見ていきましょう。

大阪の「難読地名」記事一覧

それでは早速大阪の難読地名を見ていきましょう!

浪速と難波の由来
難波(浪速)の地名の由来は?なんばとなにわの違いや漢字の意味は?

まずは大阪きっての繁華街”ミナミ”の難波から!

杭全の読み方は?
杭全の読み方は”くいぜん”やないで!大阪の難読地名の由来とは

どう見ても”くいぜん”以外に思いつきません。

放出(はなてん)
放出(はなてん)の地名の由来は?中古車で有名な土地の歴史は?

なんて読む?と聞いておきながらタイトルに答えが出てますねorz

阿保の由来とは
阿保(大阪松原)の読みはあほじゃない!地名の由来が由緒ありすぎ!

読み方を知らなければ
かなりの確率で違った読みをしてしまいそうな地名です。

立売堀と伊達政宗の関係は?
立売堀(大阪)の読み方は?名前の由来と伊達政宗に関係する歴史とは

仙台の武将として有名な伊達政宗にゆかりのある土地です。
どういった関係があるのか、興味深いですね。

住道矢田の読み方は?
住道矢田(難読地名)の読み方は?由来や歴史はあの神社から?

東住吉区にあるまず読めない難読地名。
由来は下の御幣島と同じ関わりがあるようです。

大阪の「難読駅名」記事一覧

ここからは難読駅名の一覧です。
その土地の歴史を元に付けられた名前が多く
地名とは一味違った面白さがあります。

駅名記事はさらに路線別に分けて紹介します。

JR

御幣島の読み方は?
大阪難読駅名”御幣島”の読み方は?語源から由来と歴史を見る

その歴史は大阪を代表する神社
住吉大社に大きく関わっているそうです。

阪急電鉄

柴島の読み方は?
柴島(大阪)難読地名の由来や読み方は?駅の位置が高架化で変わる?

まず読めません!どう見ても「しばじま」ですよね

地下鉄谷町線

野江内代の読み方は?
野江内代が難読過ぎて読めない!読み方や名前の由来とその歴史は?

野江はそのまま、内代がくせ者です。

喜連瓜破の由来は?
喜連瓜破が読めそうで読めない!谷町線でよく耳にする駅名の由来は

谷町線の二大難読駅は両方四文字熟語っぽいのが特徴。

南海電鉄

蛸地蔵の歴史とは
蛸地蔵~読み方が気になる南海の駅~岸和田城由来の伝説が壮大!

“蛸”という文字自体が難しいですね。
が、タイトル画像に答えが出ちゃってます。


大阪にこれほど難読地名や駅名があるのは
歴史が長い土地だからだとのことです。

大阪のみならず古代から歴史を持つ近畿地方では
今とは全く違う読みの漢字が使われていて

それがそのまま現在に受け継がれているんだそう。

これからもどんどん調査し、
地名、駅名と共に大阪の歴史を見ていきたいと思います。