大河ドラマ真田丸では
連日連夜、さまざま国々の
思惑、そして混乱が増しています。

しかし、そうした中でも
かけがえの無い信頼関係
持って協力し合い

この激動の時代
乗り越えようとしている
ひとりの男がいる
その名は出浦昌相

お互いの利害や野心が
交錯する世、昌相だけは
おのれの心に従い
この時代を生きました。

忍びとして真田に仕え
忍び昌相から見た真田家とは
どうだったのか?

昌相とはどんな人物なのか
もご紹介しますので
その全容を解き明かしましょう。

出浦盛清(昌相)とは


出浦昌相(いでうらまさすけ)

戦国時代から江戸初期に活躍した
真田家の家臣であり武将。

甲州、現在の山梨県で忍者部隊の
頭領として代々武田家から真田家まで
仕えて来ました。

豊臣秀吉の関東出兵時には
真田軍として北条氏が守備する
忍城攻めでも活躍したとのこと。

更に、忍びとしての戦術にも長け
配下に忍ばせる前に自分で

敵の内情を探り、配下の情報の
正しさ、裏切り行為が無いかを
調べることが出来るほどの
腕立つ忍びでした。

内情を探るだけでも大変なのに
配下の情報を確認する事が
出来るなんて

映画の中のスパイでさえ
真似する事はまず、不可能な事。
昌相、恐るべし!

武田信玄、森長可を経て真田幸村に仕える


武田家から真田家まで
仕えて来た昌相は
一体どんな活躍や人生を生きて
来たのでしょうか。

村上義清武田信玄に敗れ
折を見て武田家に仕え、
そこで忍者部隊を結成しました。

しかし、武田勝頼長篠の合戦
織田・徳川の連合部隊に大敗し
滅亡すると、織田信長の家臣である

森長可(もりながきよ)
仕えました。

織田信長本能寺の変で討たれ
長可海津城から退却する時

従う家臣は誰もおらず
孤独に打ちひしがれた長可に
昌相が手を貸したんです!

その対応にひどく感激した
長可は別れ際に昌相に
自分の大切な脇差を授けました。

そして意志が引き合う様に
真田昌幸・信之に仕えるんです。

もちろん、幸村の心強いパートナー
としても活躍されるんです。

長可との関係から見ても
昌相は一度仕えたら

最後までついて行く忠誠心が
強くまるで血のつながった
家族の様に師を大切にするのでしょう。

やはり、命がけで師に仕えている
以上、常に人を大切にすること
どんなに重要な事か真田家は
しっかりと理解していたはずです。

真田丸で演じる寺島進さんについて


では、昌相を演じる寺島さんとは
どんな方なんでしょうか?

Wikipediaからリサーチしてみると

本名は寺島進(てらじますすむ)。
出身は東京都江東区。
生年月日は1963年11月12日。
血液はA型。
身長は165cm。

実家は筋金入りの畳屋さん。
父は愉快で日本酒が大好き
仕事はていねいにこなす方なんですって!

寺島さんの俳優業にも
お父さんの影響があるのでしょうか。

真田丸では忍びの秘密集団
組織し、真田家を支える立場です。

ドラマでは真田昌幸の人柄に魅力され
武田家から真田家の家臣になることに。

寺島さんの勢いある姿
優しさが真田家を陰ながら
支える出浦昌相
ピッタリだったのでしょう。

まとめ

出浦昌相。
戦国と言う変化の激しい時

生きる為にだまし合い
裏切りが当たり前のような
時代に真田家は活躍しました。

おのれを信じ打ち解け会える
師に仕えることを望み

裏表が無い昌相は
どんな人からでも
信頼されていた事でしょう。

忍びの世界は
影の世界のイメージがありますが
昌相と言う影があるからこそ

真田は戦国時代に堂々と
輝くことが出来たのでしょうね!