道頓堀の代名詞といえば何が思い浮かびますか?

かに道楽にたこ焼きやさん、
少しだけマニアックな所では金龍や神座もありますね。

しかし、大阪に来られた事のない人でも
道頓堀と聞くだけで真っ先に思い浮かべるのは

グリコの看板ではないでしょうか?

ミナミで最も人が多い戎橋筋商店街
最も知名度の高い観光地、道頓堀

二つが交差するミナミの中心地の中の中心地

そこにドカンと大きくかけられたグリコの看板は

「道頓堀」と画像検索しただけで
検索結果一覧を埋めてしまうほど道頓堀の象徴となっています。

そんなグリコの看板にはモデルがいるようなのですが、
どのような人なのでしょうか?

それでは早速詳細を見ていきましょう。



スポンサーリンク



グリコの看板のモデルは誰?

看板のモデルは?

グリコの看板が完成したのは1922年、
今から90年以上も前のことです。

今現在は5代目が設置されていますが、
2014年8月17日でその役目を終え、

取替え工事の後6代目に交代します。

看板に描かれているマラソンランナーは
正式名称を「ゴールインマーク
と呼ぶそうなんですが、

そのゴールインマークのモデルについて
グリコの公式サイトで触れられていたので内容を見てみると

「当時(1928年)活躍していたスポーツ選手数人の
ゴールイン姿を参考に表情を描き直しました。」

(江崎記念館HP・ゴールインマークの歴史より)

ということらしいです。

一部ではモデルとなったのは
フィリピンのマラソンランナー
カタロンさんだという噂もあったんですが、

確かにカタロンさんも1928年に活躍した
ランナーの一人だそうなので、
間違いではないですね

なぜ看板にランナーが描かれるようになったのか?

なぜグリコの看板にはランナーが描かれているのか。

看板だけでなく、グリコのおまけつきキャラメルにも
ランナーの絵が描かれていますよね。

その理由は、健康的だからだそうです。

1922年に大阪三越で初めて発売されたグリコのキャラメル。

人口の増加や異常気象などで
食糧の自給が追いつかなくなってきた時期、

栄養価の高いキャラメルは
まさに健康を象徴する食べ物でした。

その健康面をPRするために何かいい案はないかと思案した
当時のグリコの社長が考えついたのが

今ではグリコの代名詞となっている
ランナーのデザインだったそうです。

グリコのデザインはかけっこからイメージ
子供のかけっこからヒントを得たそう

すぐさまそのデザインが看板となり飾られたわけですが、
詳細な歴史は現在「江崎記念館」で見ることが出来ます。

まとめ

この記事を書いているのが2014年。

グリコの初代看板は1922年なので
後8年で100周年を迎える事となります。

そのころには何かしらのイベントがあると思いますので
今から楽しみですね!