普段大阪に住んでいると、
他府県に旅行に行った時に
「あれ?」と思うのが
エスカレーターの立つ位置。

頭では左に立つんだとわかっていても
妙に違和感があったりしませんか?

逆に他府県から大阪に来られた方は
みんなが右側に立っているのを見て
「あれ?」と思いませんでしたか?

日本全国に
エスカレーターがありますが、
右に立つのはなぜか大阪だけ。

右側に立つ理由はあるんでしょうか?
また、右側に立つのは
本当に大阪だけなんでしょうか?

今回はそんな
エスカレーターの不思議について
見て行きたいと思います。



スポンサーリンク



エスカレーターで右に立つのは大阪だけ?

エスカレーターではどちらに立つ?

まず、エスカレーターで右に立つのは
本当に大阪だけなのか見てみましょう

多くのサイトには
大阪の隣、京都や兵庫では左なので
右に立つ地域は大阪だけだ

と書かれていました。

しかしこのデータ、
私の感覚では少し違います。

実際に京都と兵庫に行ってみると、
祇園四条辺りは右に立つ人が多く、
三宮も右が多い印象があります。

(地元の方でいや違う!うちは左だ!
という方がおられたらごめんなさい)

必ずしも大阪だけ、
という事ではないようです。

一方で左に立つ場所もありました

しかし、同じ京都でも
JR京都駅は左に立っている人が
多い気がします。

同じ県なのになんでだろう?
と考えてみると、

祇園四条は京阪沿線なので、
大阪からくる人が多い
のに対して

JRは東の方からも人が来るので
自然とエスカレーターの立ち位置も
全国ルールになるのかもしれません。

という事は、右側に立つのが
大阪だけでは無いと感じていたのは

実の所、他府県に行った大阪人が
マイルールで右側に立っているだけ、

という可能性が高そうです。

大阪が右に立つようになった理由は?

全国のエスカレーター事情を
見てみると

「あまり気にしたことがない。」
「そもそもどっちに立つかなんて決まっていない。」

という声もちらほらありました。

ではなぜ大阪だけにエスカレーターで
右に立つルールができたんでしょう?

この理由はいろいろあるようですが、
一般的によく言われているのが
1970年に開催された大阪万博です。

万博とエスカレーター
この写真では片方に寄っていませんが

第二次世界対戦から二十数年、
戦後焼け野原となったところから
驚異的なスピードで復興し、
高度経済成長を迎えた日本。

世界中から人が集まる万博は
そんな日本の復活を象徴する
一大イベントでした。

海外から観光客が来た際に
経済大国として成長していく日本を
印象付けるために

マナー向上の意味も含めて
エスカレーターでは片方に寄るように
と指導されたそうです。

このとき右側に立つようになったのは
ヨーロッパやアメリカを参考にしたから
という説が一般的とのこと。

ヨーロッパでは右に立つ
欧米では右に立つようです。

一部では右側に立つのが
世界基準だと言われていますが、

全世界が右寄りというわけではなく、
欧米を基準にしたお話なんですね。

他の地域はなぜ左寄り?

諸説あるとはいえ
大阪の右寄りには理由がありました。

では大阪以外のほとんどの地域が
左寄りな理由
は何なのでしょうか。

こちらも諸説ありましたが、
私が一番しっくり来たのは
道路交通法で「人は右側通行」
が原則とされているということ。

条文の中にはエスカレーターについての
表記はありませんが

「人は右側通行」の原則が自然と
エスカレーターにも当てはめられた

といわれているそうです。

大阪のようにどちらを開けるか
支持されたわけではなく

普段道を歩く時は右側通行だから
エスカレーターも右を歩こうという
自然な流れでそうなったようですね。

最近では両方に立つ?

今まではどちらか開けるのがマナー
とされてきたエスカレーターですが、

最近ではエスカレーターは歩かず
両側に立ってください

アナウンスされるようになりました。

元々大阪万博の時に
左側を空けるように言われるまで
歩く人はあまりいなかったそうなんですが

この大阪万博の頃から
急いでいる人はエスカレーターを
歩いて上っていくんだという意識が
全国に広まっていったようです。

しかし、最近では歩いて上る人が
止まっている人とぶつかって
こけてしまう事故が増えたという事で

JRを中心に今では全国的に
エスカレーターは歩かないように
というアナウンスが流れています。

ただ、40年以上続いたこの習慣は
すぐに変わるものではないようで、

大阪と東京の二都市を見る限りでは
ほとんどの場合みなさん
片方を空けて乗っています。

両側に乗って立ち止まれれと言われても
後ろから上ってくる人がいたら
ちょっと気を遣っちゃいますもんね。

両側に乗る風習が浸透するのには
少し時間がかかりそうです。

まとめ

という事で今回は
大阪がエスカレーターで
右側による理由を見てきました。

日本全国の中でも
独特の雰囲気を持つ大阪は
エスカレーターに乗る位置も独特ですが、

その理由は欧米のルールに
合わせたから
ということでした。

変わってるなと思うことも
理由を聞くとなるほどって感じですよね。

今後もこうした大阪のなぜ?
を追求していきたいと思います。